リアルマネーセールがキターーー⁉アムステルダム運河(南)のセールに思うこと

コラム

現金販売ということで歓迎できない、そう思うこともあるかもしれませんが、タイトル名にキタとミナミを対比として入れることができたので、そこだけは自画自賛しておきます。

それではLet’s start!

アムステルダム運河オファー

アムズテルダム運河 北があるなら・・・

市長パスシーズン17のweek2のサイドイベントはイベントトラック方式で【セントラルパーク・サウス】の配布でした。

イベントトラック自体のティア数が一つ増え、最終11ティアでアイテムゲットするまでのピンクプラムボブポイントが従来の1840から2340ポイントへと500ポイントも増加したことはご記憶の通り。

セットとなる相方のセントラルパーク・ノースはノーマルパスのティア40にあり、まだシーズン2週目ということで獲れていないプレイヤーが殆どで、興味から獲得に必死になったものです。

しかし、今回はweek2の事情を知っていますし、ノーマルパスTier2にアムステルダム運河(北)があり、コンテストに参加していればほとんど獲得済みでしょう。

北があるなら南も・・・そう思い期待するのは自然なこと。

イベント差し替え⁉何かしらの事情があった?

普段のシーズン最終週はダブルプラムボブポイントウィークだけというのが通例でしたが、まさかのタイミングでセールを差し込んできました。

しかも現金販売とはシムシティでは珍しいこと。

ここのところ、シーズン毎に2or3回のサイドイベントがあり、そこでアイテム配布していましたので、当初の計画ではアムステルダム運河(南)を配布する予定ではなかったかと推測しています。

コンテストシーズン17の流れ
  • week 2 サイドイベント セントラルパーク・サウス
  • week 3 大規模プロジェクト3倍イベント 人気スポットのみ
  • week 4 クラブ大戦機械蜂イベント (非戦クラブは無関係)
  • week 5 季節外れのビーチセール+ビーチカテゴリのみ大規模プロジェクト2倍
  • week 6 ダブルポイントウィーク+24時間限定アムステルダム運河(南)セール

イベントトラックに何かしら不都合なことがあり、第3週で差し替えせざるを得なかったのかな?大規模プロジェクトっきり2回もやるなんて、今まで経験ありません。シーズンで1回がいいところでした。

”北”はあるのに”南”がなく、それでは不自然で都合悪いと、ギリギリのタイミングで急遽セールを差し込んできたのではないかと。大規模プロジェクト○○倍は差し替えの代替イベントで、人気スポット3倍にしたためにイベントが盛り上がらないことを察知して、ビーチのみ2倍を無理やり差し込んだ結果として、サイドイベントを行う時間が捻出できなかったとか…。

記憶に新しい【ガネーシャ祭】のオファーは3日間、そして今回のアムステルダム運河(南)は24時間限定。2日間の期間短縮でのセールというのも怪しげなところだ。

r/SC Build Itのトピックより

やはり、不自然なタイミングでのセールについてどう思う?というトピックが上がっていました。

少しだけ展開していきます。

コメント拾い読み

様々な意見があり、内容としては面白いものでした。

珍しく現金販売だったということもあり、大方「高いよ!」という声が多かったとは思います。価格決定は配信元ですし、何かしらの事情があっての短期間セールですので仕方ないところ。

個人的にいつも思うのであるが、シムシティビルドイットでのリアルマネーでのアイテム販売は高いなと感じることが殆ど。私の価値観と合わないというか。

買ったよ!高かったけど、自分はそれで十分納得!

https://www.reddit.com/r/SCBuildIt/comments/q75qzw/so_disappointed_honestly_i_really_want_the/

納得して購入したのであれば、それはそれで良しですね。

ただ、アムステルダム運河(南)は欲しい方が相当いらっしゃったのではないかとも思えるのです。

このアムステルダム運河シリーズは、水辺系アイテムと道路接続が設置条件ですが、過去の市長パスシーズン2にて高評価だった【ヴェネツィア】シリーズと同じようなアイテム。当時プレイしていなかった、或いはコンテスト参加していなかったプレイヤーであれば買っても価値のあるアイテムと考えても不思議ではありません。

GTHQ経由やシティデザインチャレンジの投票などで、ヴェネツィアシリーズ見かけて気に入っても購入する術がありませんでした。そういった要望を叶えるには絶好のセールだったのかもしれませんし、どんな形にせよアムステルダム運河(南)は配布しなければならない、EAにはそういった使命感があったのかもしれません。

こういったコメントも。

以下抜粋。

2ポンドであったならもっと売れていただろう。

https://www.reddit.com/r/SCBuildIt/comments/q75qzw/so_disappointed_honestly_i_really_want_the/

この方はイングランド住みのようでポンドで書いてありましたが、1ポンドは約155~160円の間ですので日本円で300円目安ならば…そんな価値のようです。

日本基準で考えたなら、ワンコイン、つまりEAのレート(1ドル120円+10円)では4ドル以内の価格設定であれば、アムステルダム運河南の価値は高いものと考えられ、余計なバンドルを組まずに単体で複数売る(例えば2個買える)こともできたはずです。ここは大きく同意できること。

バンドルの金のカギはともかく、土地拡大アイテムは不要なんだけど・・・しかも1回しか買えないし。そう思った方も中にはいらっしゃるのかもしれません。

また、1コ500円で販売して2個買えるのであれば、参加率が上がり、結果として売上が大きくなった可能性もありますね。ワンコイン以内で3個買えるようであれば、今回の収入を上回ることだってできたことでしょう。

実際は日本円で1100円での販売。EAサイドにとって何かしらの事情があり、この価格設定になったものと思われます。「シムシティビルドイットは儲けが少なすぎる!」との話が会議室で行われていたのかもしれませんし、彼らの経済活動なので我々がどうのこうのいえる立場ではありません。

設定価格で買えるか買えないか、それだけ。

私の価値観では買えないという判断になりましたが、もし今後リアルマネーセールがアイテム配布の中心となるようであれば、それはそれで歓迎できそうです。

特化施設リアルマネー販売の是非

当ブログのテーマはシムシティビルドイットでの人口数に拘るものです。どうしても、人口数を意識した開発ですとプラチナキーが必要になります。

たまーに休憩期間を設け、住宅だけ建てている時期もありましたが、やはり地域開発を進めていくとプラチナキーが足りなくなる。手に入れるためにはコンテスト入賞以上か市長パスティア37のプラチナキー50コが最も効率的。

昨今の事情では、当方での関わる時間と掛けられる課金量ではコンテストメガロ入賞以上は難しく、仕方なく低レベルリーグをさまよいながら完走を目指し、且つサイズの小さな高性能市長パスアイテムがある時にプレミアムパスを購入するスタイルに。プレミアムパスにはプラチナキー90コも付いているので、プレミアムパスの610円はほぼプラチナキーの価格だと思っております。

このところ自己満足できる人口数にある程度の目途がついてきたので、もうプラチナキーは不要かなと思えるように。市長パスアイテムもあれば使いたいところですが、サイズの小さな高性能アイテムは配られそうな気配がなく、コンテスト自体参加する意味がなくなってきたかなと。

そのような中、セールがリアルマネーでの販売として定番化するのであれば、コンテスト参加不要で欲しいアイテムだけ買えばよい。確率不明なガチャスタイルでの販売より良心的で、且つプレイヤーサイドにとっては効率的なこと。

市長コンテストに疲れ果てたが都市づくりは継続したい筆者にとっては、願ったり叶ったりのリアルマネーセールなのかもしれません。

シムキャッシュに課金することも、アイテム購入も同じ課金ですから、お互いにウィンウィンの関係になるのではないかと。個人的には特化施設のリアルマネーセールを歓迎したいですけどね。シムシティには過去の名作と云われる季節限定の特化施設が山ほどあるので、是非とも公開して欲しいところです。

私は特化施設の現金販売を”条件付き”で支持します。ま、シティデザインチャレンジも含めて全般的に忙しすぎるシムからの解放というべきか、欲しいアイテムだけ売って欲しいというのがホンネですけど。

価値観で買う~現金販売の条件

ここのところ、シムキャッシュ販売でのセールがめっきり減ってきました。特化施設だけではなく、土地拡張や貯蔵庫拡張アイテムのセールも消滅しています。何かしらの事情があることと思いますが、寂しいことですね。

場合によっては、貯めこんだシムキャッシュの使い道がない、そんなケースもあるかもしれません。

シムキャッシュはゲーム内通貨であり、現金での販売とは性格が若干異なることを踏まえたうえで・・・

現金販売の場合には、特化施設のサイズとプロジェクトポイント付ならばポイントの明記を求めたいところ。

日本ではスーパーやコンビニで買い物しようにも、一つ一つの商品に山地や原材料表示、アレルギー表示だってされている。販売者の義務であり、我々の日常生活の中では当たり前のことになっている。アメリカの事情は知らないが、世界の潮流はそういったものだと理解している。

ゲームごときで大袈裟なことと思うかもしれないが、現金で販売する以上、曖昧な表示はEAだけが許されるものでもない。ゲーム内通貨のシムキャッシュ販売であれば許されるかもしれないが、現金はダメだ。我々ユーザーに対し購入に値するのか判断材料をもっと与えるべきだと思う。

そして、価値観が合えば購入する、合わなければスルー。お互いの価値観が合致してこその経済活動です。

以上、私が考える現金販売の条件とはサイズとプロジェクトポイントの明記でした。

まとめ

購入した方でしか知り得ませんが、アムステルダム運河はニコイチっぽいですので、サイズは以下のようになるのではないかと。

奥行きの46は魅力ですが、ブースト値が15%ということで、人口増加用のアイテムではなさそうです。しかし、シムシティビルドイットは水面の表示技術が非常に高く、設置すれば水面に反射する様子を眺めたり、色々と楽しめそうですね。遊び方は人それぞれですから。

買おうかどうか迷っているうちにセールが終わってしまい、私にとってアムステルダム運河(南)は”幻”のアイテムになりましたが、価値観が合わない以上購入することはできませんし、後悔もしていません。ま、キタはあることだし。

今回のセールはEAに振り回された感が拭えませんが、今後の定期的な特化施設アイテムセールに期待します。

まもなく市長パスもシーズン18に突入し、週ごとのイベントの割り振りも変更があることでしょう。どのような感じで進んでいくのか、その様子を見守っていきたいところです。

それではここまで。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました