ハッキングによる被害とは何なのか?ゲーム会社は別の事情がある⁉

コラム

トピックス紹介

EA Hacked

EA、ハッキングされる

Saw today the EA was hacked and source code for FIFA was stolen.

(今日、EAがハッキングされ、FIFAのソースコードが盗まれたニュースを見ました。)

Wonder what else the hackers got. Don’t trust EA to admit our personal info was part of the breach.

(ハッカーは他に何を手に入れたのだろうか。私たちの個人情報が違反の一部であるとEAが認めたことを信用しないでください)

https://www.reddit.com/r/SCBuildIt/comments/nxixm2/ea_hacked/

なるほど。

FIFAってサッカーゲームで、EAsports展開の中で一番人気のタイトルと認識しておりますが、合ってるのかな。

私は、シムシティビルドイットメイン、時々オンライン麻雀ゲームということで、ゲームの業界に疎いものですから、一体何のことかと思いました。

ハッキング=カネの目的だと思っていましたので、ソースコードにハッキングする意味が全く理解できません。

シムシティビルドイットはモバイル専用コンテンツであり、課金関係はモバイル端末のキャリアメーカーに一任していて、個人名や居住地などプライバシーに関わる個人情報流出は気にしなくてもいいのではないか、とも思いますが…。EAが拾える情報とはOSの種類とか端末名など、限定的ではないかと。

私の認識が甘いのかな?

そこで、専門家らしい方のコメントが入りました。

Google Translateのお力を借りて、かるーく意訳すると

私もEAをあまり信用していませんが、EAは個人データをソースコードとは別の場所に保存している可能性が高いため、この場合は個人データが取得されなかったのかもしれません。

もちろん、多くのインフラストラクチャへのアクセスが取得された可能性はありますが、それでも、EAは個人データをより多く処理する可能性があります。

これが失われると、罰金や訴訟が発生する可能性があるためです。

通常、EAでは個人データよりもソースコードにアクセスする必要がある人がはるかに多いと予想されるため、(たとえばネットワークに接続すると)アクセスしやすくなる可能性があります。

もちろんこれはすべて推測であり、個人データを適切に保護していない企業の例は数多くありますが、現時点でEAを疑う理由はありません。個人データが取得されなかったと述べていると思いますが、そのことについて彼らが嘘をついているようにしか感じられません。

https://www.reddit.com/r/SCBuildIt/comments/nxixm2/ea_hacked/

ハッカーにとって、顧客の個人情報よりソースコードに興味があるのか…。それならゲームを有利に進めたいが為の、行き過ぎた”ゲーム愛”がそういった行動に走らせるのかな?と少しだけホッとした気持ちに。

ハッキングの主たる目的

ハッキングされたといっても、日本で大々的に報じられたとは記憶していませんし、ソースも貼られていないので、何のことやら・・・?

そこで情報を探すべく、ググッてみました。

そもそも、シムシティビルドイットが人気タイトルの範疇に含まれるのか、そこはビミョーなところですが、ソースコードで780GBとは相当な量ではないかと。

こちらの記事を読み進めると…

盗まれたのは「FIFA 21」のソースコードとそのマッチメイキングサーバのコード、「バトルフィールド」など多数のEAのゲームのエンジンとして採用されている「Frostbite」のソースコードとツールなど。

盗んだハッカーはフォーラムの投稿で、データを売りに出すと言っているという。

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2106/11/news062.html

結局は、カネだったのですね。

フォーラムに投稿されたことで明らかになり、EAはサイバーテロを認めざるを得なかったのでしょうか。

ソースコードを個人に売ろうにも、買い手は限定され、手間はかかり、多額の収入は見込めないでしょうし、やはり企業恐喝目的でのハッキング?構図としてはハッカーvs EAといったところではないかと。

個人情報が流出しなければ、我々一般ユーザーには関係ないのかもしれない。特に、シムシティビルドイットユーザーの場合は。

シムシティにおいてソースコードを知ることでできること

ソースコードを知ることで、一般のプレイヤーができないことは簡単にできる。

想像でしかありませんが、できそうなことをいくつかまとめてみました。

ゲーム通貨関係の増殖

シムキャッシュなどゲーム通貨関係の増殖は一番に思いつくことです。関連して、各種アイテムも増やせるのでしょうが。

無限に近いシムキャッシュがあれば、解決できないことは何もない。それだけ、シムキャッシュの力が強すぎるシムシティビルドイット。

人気スポットのアップグレードも、シムキャッシュで解決できることを知った時のショックといったらもう…やる気を失ったし。

地域限定エピックビルの増殖

一時期話題となっていたのですが、どういうわけか、首都に地域限定エピックビルが建っているプレイヤーが出没する…。多かったのは特に火曜日。

その他、グリーンバレー開放もしていないのに、首都にグリーンバレー住宅が建っているなども同じこと。

ソースコード知っていればコピペでいけるのかもしれません。

そういうことだったのか・・・。

人口増加派のジレンマ

当方で、「首都1200万」の記事を書いたことありますが、現実的には今現在では不可能でしょう、そんなニュアンスで書かせていただきました。

というのも、当該記事において参照した設計図(今はリンク切れ)において、「市長パスカテゴリ」で100%ブーストが、12コすべて【食料品店&雑貨店】で計算されており、仮にプレミアムパス毎回購入していてもその時点では絶対的に不可能だとわかっていたからです。

ところが、【食料品店&雑貨店】のソースコード知っていてコピペができるなら増殖させればいい。

普通にプレイしていれば1コしか持てないものを12個も持てるのです。

そちら側なら可能で、こちらは不可能だとわかっていれば、敢えてチャレンジすることもない。そういうものだと割り切って、自分の遊べる範囲で遊べばいいだけのこと。

見ても見ぬふり⁉

コンテストで、都市リーグで週に65万点も稼ぐプレイヤーを目撃したこともありました。

通常に遊んでいると、規定のアサイン数+ゴールデンチケットで、自ずと獲得上限値は決まっています。

明らかに”我々と違うゲームで遊んでいる”プレイヤーが勝利してしまった事実に、それを通報することですらできないシムシティビルドイット。

結局、何が楽しくてハックするのか、我々には理解不能です。カネになるわけでもなく、ただアカバンされないことを見せびらかしたいだけなのか。

ゲームの世界でも見て見ぬふりを強いられることは、現実の世界と変わらぬようです。

少なくとも、自分は自分だけの世界観でシムシティビルドイットを遊んでいこうと思う。

No tags for this post.
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました