Dr.Vuの発明品⁉ランダムアイテム発生装置を分析してみた

イベント全般

2021.9月アップデートで新たな企画が盛り込まれたようです。

Dr.Vuが何やら忙しそう・・・とのこと。

ブー博士の発明品といえば、ブー災害にペットのタコといい、どちらかといえば、都市構築とは全く関係のないロクでもないイベントばかり。

期待半分で詳細をレポートします。

ランダム発生装置を購入してみて

と、ご案内状が。

どんなものか、覗いてみると・・・

ワーオ

なんと、2000シムキャッシュもするではないですか!し、しかも、都市レベル3からって…苦笑

果たしてそれだけの価値があることやら・・・とりま、購入(チリーン)

それよりも、季節限定ショップってどうなるんだろうか?このままずっと眠っていることを望みますが・・・。

外観はこうなっている

設置直後のスクショです。

何か、浮き出るようなホログラム演出が!

そして、ストア内に入ると

ブー博士いわく

市長、我が傑作、「ランダム発生装置」があれば、あらゆる市場を支配できるだろう!

どのアイテムを生産できるか毎日チェックしよう!

とのこと。

というより、これ、商業施設のフォーマットそのままだよね~

今回はガーデニング用品店が選択されたようです。

【ランダム発生装置】というネーミングから、アイテムが自動的にポコポコ湧き出てくるのかと思っていましたが、生産は続けなくてはならないようです。

要するに、日替わりで商業施設が切り替わり生産枠が増えただけのこと。季節限定ショップではなく、従来の商業施設が1棟丸々増えたようです。

ただ、気になるのはスロット枠の80シムキャッシュの価格。これってバグではないかと真剣に悩みました。

以下でスロット枠の価格を調査してみました。

ここが重要‼スロット枠のシムキャッシュ価格

スライドショー形式にしてみました。

リストにすると以下のように

スロット数シムキャッシュ
2⇒380
3⇒4140
4⇒5200
5⇒6260
6⇒7320
7⇒8380
8⇒9440
9⇒10500
10⇒11560
トータル2880

ベースが高いだけではなく、60ずつ増加していくゴクアク系仕様。そして最終11枠まで増やすのに合計2880シムキャッシュという高額さ。

この設定はどう考えても異常としか思えない。通常のショップと同じような価格設定ってできなかったのかな?既に、建設時2000シムキャッシュも費やしているのですけど…。

製造時間短縮は?

通常のショップと同じくスピードアップトークンは使えますので、その点はご安心を。

ただ、ヤラレタと思ったのが

ガーデニング用品店のアップグレード時短を止めているアカウントですので、★1コの10%時短がそのまま引き継がれてしまいました。

よって芝刈り機は生産時間2時間そのまま。現在あるショップの24時間限定の完全コピーと考えてよさそうです。

ブーのランダム発生装置 考察

コンテストしていると、アイテム要求難易度と数量が激増しているなと、最近特に感じる。

トークン使って作っても作ってもまだ足りない・・・そんな状況ばかりで、本来のゲームである街づくりの基礎となる住宅建設まで手が回らなくなることばかり。コンテストアサインを利用しようにも、建てたくない(役に立たない)パリ住宅や旧市街の家のアサインが大多数で、実質街づくりは放棄せざるを得ない状況です。

そのアイテム不足を補うべく考え出されたのであれば、少しはユーザー目線に立った新企画かなと思えますが、これほど高額なシムキャッシュ設定から考えると、キャッシュで現金回収でしょ?と揶揄されても仕方ないかなと思える。

ちなみに公式Twitterでは?

意気揚々とツイッターに上がっていましたが・・・

リプ拾ってみると「高い!」 「高い!」 「高い!」 のオンパレード。

炎上寸前の大惨事!

ショップがランダムである必要性

今回のケースではガーデニング用品店が選ばれたようですが、選択されるショップはプレイヤーサイドではなく、ランダムに割り当てられたショップです。

皆さんご存知のように実際プレイしていると、中間生産品を多く含む【ホームセンター・資材工房・農産物市場】の3つが特に重要で、それ以外のショップは中間生産品を使って更に生産するものがほとんどです。また、中間生産品そのものを容赦なく要求してくることも多く、中間生産品のみが足らない状況かと思われます。

つまり、どのショップが選択されるかどうかでプレイの難易度が変化してくるということ。

逆に、ファーストフード店が選択されたら、2段階以上の中間生産品を含むものが多く、忙しさが増すだけ。当方で通常プレイ時には、ファーストフード店はほぼ稼働させていません。

ファーストフード店が選択された時点で、24時間稼働できない全く価値のない新ショップとなるわけです。販売すればシムオリオン稼ぎにはなるのでしょうが、あいにく原材料調達で間に合わないこと多く、このように浮かせております。

その他、アパレルショップや電気店あたりも同じ扱いでしょうか。主要3ショップが選択されないと価値が薄くなっていきます。

そして、その選択権はあくまで”ランダム”であり、プレイヤーサイドには与えられていません、2000キャッシュもするのに…。

発生装置とはいっても生産はしなくてはならない

通常、コンテスト参加していてメガロでガチると、ショップアイテム不足だけでなく、工場アイテムも不足して生産がうまくいかない状況が多いです。ガチっていないときは適当に諦めちゃうのですが、ガチだと諦めきれなくて…。

ただショップを増やしたところで、工場数も増えない限り、生産できないジレンマはどうしても発生します。また、航空輸送などの要求アイテム数が増えないことも担保されていません。要求アイテム数が増えたら全くの無駄。

あの理不尽大魔王の季節限定ショップが開催されることと論理的になんら変わらないものと思われます。トークンや時短キャッシュを山ほど使い、シュガースパイスが市場から消える、あのカオスな状況と。

そこら辺への配慮は欲しかったかなと思う。

個人的願望でいえば・・・

プレイヤーであればご存知の通り、シムシティビルドイットは地域が開放されている数が多いほど、労力の増えるシステムです。ゲームとして遊ばせる目的であれば、ここに手を付けてほしかったかなと。

今回選択されたのはガーデニング用品店でしたが、地域ショップが選択されるかどうかは確認できていません。

仮に地域ショップが24時間だけ一時的に増えても、ライムストーンであれば資材工房、サニーアイルズ・フロスティーフィヨルドあたりは農産物市場との原材料不足に悩むのは必至で、逆に苦しむことになりそう。

個人的には、地域1か所開放ごとに商業施設の2スロット拡張権利が付与される仕組みの方がありがたかったかなと。たとえ、その拡張スロット単価が200シムキャッシュや300シムキャッシュしようが、価値はあるものと考えられます。ライムストーン開放していれば資材工房のスロット拡張し、グリーンバレーであれば家具店と資材工房みたいな感じで、地域開放するメリットが発生するのではないかと。

新たな地域開放すれば楽しみは増えますが、同時にタスクも激増します。現在では地域は極力開放しないことがベストとの通説があり、低レベル帯を中心に地域開放を極端に絞るケースが多いです(かくいう当方でもそうしている)。運営サイドにとっても望むべき展開ではないと思いますが…いかがでしょうか?

運営さんへ

EAさん、1年半前に登場した2000シムキャッシュの高額ショップ(?)をお忘れでしょうか?

当時はオメガ資材アサインがあり、コンテスト期間内に40本以上のアサインを出現させる無茶ぶりをして、ユーザーからの「ムリゲー」の苦情に対し、それならこれで対応してくださいね、と登場した2つ目のOMEGA研究所。

ところが、オメガ資材生産収集アサインがいつの間にか消滅するという大惨事!OMEGA住宅を大量に建てる目的以外では全く不要な2000シムキャッシュとなってしまいました。

今回のランダム発生装置はまったく同じ軌道を辿っているような気がします。ユーザーの声に応え、生産増強ショップを用意したことは評価できるが、更に要求アイテムが過激化すれば全くの無意味になる。

搭載しているであろう、あのプレイヤーを不快にさせる思考エンジンの見直しこそが重要だと思う。

さいごに

ある程度シムキャッシュにゆとりのあるアカウントでのお試し購入でレポートしてきました。

何も知らずに購入して、スロット枠のシムキャッシュ価格に驚かれたプレイヤーもいるのかもしれません。

今回は読者さんへの【購入への警鐘】という目的で、取り急ぎまとめてきましたが、うまく使えればコンテストで役立つこともあるかもしれません。

ただ、ショップはランダムという不確定要素が大きすぎて、おススメはできません。ポップアップなどで告知されようが、購入は見送りすべきでしょう。

判断するのはプレイヤー次第ですが、少なくとも購入からフルスロットまで4880シムキャッシュかかることだけは当ブログで強くお知らせしておきます。

それでは各自楽しいシムライフを。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました