スピードアップトークンについて語る。時間を節約なのか拘束時間を増やすのか?

イベント全般

トークンは便利ですよね。

金色の使えば、あっという間に出来上がっていく爽快感があります。

特にコンテストでは必須アイテムですが、それ以外でも各種輸送で使うこともあるでしょう。

便利だけど、使い慣れるとあっという間に所持数が減っていき、次のトークンはいつできるんだ?と中毒症状に見舞われてしまうこと、有り得るでしょう。

そんなある程度の予備知識込みで、私なりにトークンについてまとめてみました。

スピードアップトークン入手経路

簡単に、トークン色別で。

各トークン、エピックビルからのトークン生成パーツ合わせて製造以外の入手経路です。

金トークンは

コンテスト入賞が最大の入手経路。都市リーグとかその近辺ウロウロして手に入れるのが楽ですね。

最近はプレミアムパスや各種イベントで配るケースも多く、溜まる一方だ、そんなプレイヤーも大勢いることでしょう。

銀トークンは

コレは結構限定的です。

今はやっていませんが、昔はクラブ大戦で負けるともらえる銀トークン3コが嬉しかったですね。今も貰えるのかな?

コンテスト終盤に向けて銀トークン貯めておいて、最終日は使い切るまで、資材工房などでヘビーローテーションしていました。

銅トークン(別名カメトークン)

スピード2倍なので使う局面も少ないかもしれませんね。

ただ、35を超えて所持するのが極端に難しい。入手経路がトークン生成パーツがメインで、たまにログインボーナスの金箱から手に入れる、またはネオモールからネオシムオリオンでの購入くらい?

クラブチャレンジからも出るのかなあ?

あまり貯める必要性もありませんので、使ってしまいましょう。ホームセンター中心になりましょうか?

トークン生成パーツの条件

地域で大規模プロジェクトできるようになってから、所持数上限が各トークン35ずつに変更されて…

結局、いろんなことがウヤムヤになっているんですよね。

当時のアップデートで所持数上限引き上げとともに、トークンパーツが(24時間経っても)生成されないという大失態をやらかしたこと、記憶にある方もいらっしゃるかもしれません。

当方で把握している限り

トークンパーツ生成の初期数量
  • 銅トークン3コからのスタート
  • 銀トークン6コからのスタート
  • 金トークン9コからのスタート

コレで間違いないでしょう。金トークンをトークンパーツから作りたければ金ビル9棟、或いは金トークンパーツが9コ貯まるまで、要するに複数日かかってしまうわけですね。始めたばかりのプレイヤーにとって絶望的かもしれません。

問題はこの後です。

金トークンは確認できていませんが、そんな前置きした上で、トークン使用数の増加と共にトークンパーツの数量が増えていく仕組みになっています。

都市レベルは一切関係なく、作って使えば使うほどトークン生成に必要な数量が上昇していく、まさに「底無し沼」状態です。

具体例

当方でのカウントを、銀トークンで確認してみました。

スタートは6コだと書きましたね。

その後、徐々に増えていき、現在では11コの銀トークン生成パーツで1コの銀トークンが作れる、そんな状態です。

ということは、5棟の銀トークンパーツ生成エピックビルを増やしていかないと同じペースで作って使えば足りなくなるのです。

以前は?

気になるのは金トークンですが、公式な回答としては「都市レベルが上昇するにつれ、必要なトークンパーツの数量が上昇する」というものでした。

当時の私の調査では金トークン上限20コでした。

金トークンパーツ生成エピックビルを20棟で1コの金トークンしか作れない。

そ、そんな⤵

絶望的でした。

昔から長期間プレイしているものにとって、金トークンパーツ生成エピックビルをどれだけ建てても金トークンは足りなくなること、知っています。

原材料用意できれば問題ないけど、原材料不足でスタートすると時間のロスト感、つまり、金トークン使用が勿体なく感じてしまうのです。

画像にすべてをまとめる

トークンパーツまとめ表

当方で把握していることの全てをまとめてみました。

上限を超えて持てる条件は「買う」とか「もらう」そういったところ。

当方で最高に持っているのは、金トークン460コくらい。コンテスト入賞常連プレイヤーなら、もっと所持しているかもしれません。

使って終わらせてしまいたいんですけど、使い道が意外に少なく、昔の悪夢から無駄使いできないという、変な自制心が働いているようです。

銀トークン生成パーツの上限は不明です。今、当方で確認しているのはそこまで。底無し沼なのか、これ以上増えるのかも定かではありません。

トークンの使い方

使い方は商業施設のみですね。

金トークン以外は価値がない、と思うでしょうが、実際はそのとおり。

しかし、工場の原材料や資材工房の製造品など、条件が整わないと使いにくいのも事実。

製造時間のもともと短い釘などに金トークン使えば忙し過ぎるし、張り付き限定になってしまう。

何色のトークンでもいいから、次ゲームに入るまでに11コのスロットが全完成するのか、そうやって逆に考えた方がよいのかもしれません。

1時間で2時間・4時間・12時間分の製造ができる、くらいに考えています、私は。

何故所持可能数増やしたのか?

まあ、いつもの膨れ上がるシステムだからですね。

こういう時は、何かの難易度が上がる仕組みになっています。

昔が懐かしいですよ。コンテスト最終日の為に極限まで貯めて勝負する。

今や、金トークンなんて簡単に買えたりする時代になっていますからね。プレミアムパスなどで。

そうなれば、銀トークンの価値は下がり、エピックビルも建てる意味もなくなるという見事な負のスパイラルというべきか。

トークンとは、「勿体ない」から「面倒臭い」になり、徐々に使わなくなっていくものですので、自分でゲームに熱中できる、その期間だけでもフルに使うべきだと思います。

ちなみに、トークン製造可能なのは都市レベル24から。それ以下では景品以外入手できないので考え方が変わってきます。

コンテストとかどのようにしているんだろう?と思い出そうとしてみたが、加齢のせいか昔のことが…。

トークン作ってみたかったらレベル24まで上げるしかないですね。

まとめ

結局、そこに落ちるのかアと思うかもしれませんが、

自分の熱中できる期間だけ、使えるだけ使ってしまえ!

って、シム吉言ってました。

そんなところで。…。

イベント全般
シム吉をフォローする
シム吉800万チャレンジ!!

コメント 今回の投稿内容について

    • トークンパーツの説明みつけました。

      真贋定かではありませんが、参考までに。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました