シティデザインチャレンジ第2弾「フェスティバル・ライフ」に参戦して

イベント全般

4つのトピックスを簡単に触れてみようと思います。

マップサイズの確認

まんま、サニーアイルズ第四の島でした。

サイズ的には16×32で、ビーチ幅は両サイドに道路4本分ずつ欠けている幅24のサイズです。

サニーアイルズの人口数にチャレンジしたことある方ならご承知のことと思いますが、幅16というのが意外に難しく、サニーアイルズ第四の島だけで作れてもせいぜい60万程度の激ムズサイズです。

幅16のサイズの難しさ

地域開発の場合、事前のサイズ確認は大事なことで、構想を練る際には必ず確認しておきたい項目です。

幅16のサイズが難しいのは、特に消防・警察・健康のインフラサービスのどのサイズを選んでも「帯に短しタスキに長し」といいましょうか、足らないか余るかで住宅をカバーしにくいことが挙げられます。

住宅をカバーするインフラサービスだけではなく、特化施設も設置しなければならないですからね。

幅16のサイズとして有名なのは「ライムストーン」の地域開発ですが、フロスティーフィヨルドの幅12と同じくらい難易度が高いです。

H型の両サイドが幅16で、ライムストーンの場合には16×80が2つ、24×24の正方形が1つ、合計3つの図形が繋がっていると考えます。

ここで少し小話でも。

地域開発の構想段階ではマップサイズの確認が必要になってきます。

地域の場合には12・16・24・32が基本的な計算の源となっていて、単純にそれを組み合わせたものがマップサイズになっています。

例えば、左上と右下に16×32サイズが2つ見えてきませんか?今回のサニーアイルズの第四の島と同じサイズです。

更に、サニーアイルズ最大の第三の島は24×56ですが、それも見えてきませんか?真ん中あたりに。

そうなんです。

ライムストーンとサニーアイルズはほぼ同じ図形の組み合わせで成り立っています。

以上、簡単な空間図形の小話でした。

提出時の画像サイズとマップサイズ

「フェスティバル・ライフ」のマップサイズは16×32でした。

ということは、2:1の比率になります。

一方、提出サイズは4:3のアスペクト比のままでした。投票時は4:3の画像が左右に分かれて選択するパターンを踏襲しています。

マップサイズが2:1であれば、提出時の画像も2:1で上下で選択する形にすればよかったのに、なーんて思います。

フロスティーフィヨルドがモチーフになることも予想できるわけで、マップサイズに応じたエントリーサイズを柔軟に対応してほしいですね、できれば。

提出時のチェックポイント

チェックポイント

必要な人口数

人口数3000以上

道路とサービスが機能している

道路とインフラサービス各種を断線なく繋いで、サービスすべてを行き渡らせること。

すべての住宅に娯楽が適用 ※ボーナスポイント

住宅すべてに娯楽を

すべての住宅に公園が適用 ※ボーナスポイント

住宅すべてに公園を

必要な建物3コ ※ボーナスポイント

これは、右にビーチカテゴリアイコンがありますので、3コ以上のビーチカテゴリアイテムを設置することが条件です。

特段に難しいことはなく、普通にプレイしていればエントリーは簡単です。

シティデザインで初挑戦~大規模プロジェクトスタート

デフォルトの基礎段階の住宅がノーマル住宅であったことに気付きませんでした。

第六段階完成後、即、金兜が付いてしまいました。ビーチが属性ピッタリだったということです。

その他のカテゴリの特化アイテムまだ設置もしていないのに…。

金兜が付いていてもアイコンは出るので撤退するなら今がチャンス!

大規模プロジェクトやるか、そのままにしておくか…。

結局、興味が優り1000シムオリオン注入して亀(銅)トークンパーツの40ポイントまでチャレンジしてみようかと。

ただ、期間終了後は消滅する運命のエピックビルですし、ビーチカテゴリのエピックビルは超高層ビルしかありません。

今回の隠し味である【気球】もいい感じに飛んでいて、このまま提出しようかと思っていたくらい退屈な時間でした。

まさか、大規模プロジェクト中にエントリーするなんてやからはいないことでしょうに…。

あの茶色いビルは何だ?ってことで投票してくれたかな~?

タイムスケジュール

「大いなる荒野」に与えらえた製作時間は48h。

今回の「フェスティバル・ライフ」の制限時間は72h。

72hでエピックビル何棟作れるか知っていますか?

正解は「金ビルにしない限り1棟」です。

基本的なサイクルは24hの制限時間内でインターバルが12hの36hですので、計算上2棟イケそうですが、作業時間や提出用の撮影時間等考えれば1棟で時間切れになるのがオチです。

運営サイドの”お節介”

「大いなる荒野」ではデフォルトの基礎段階住宅はサボテンキャニオン固有住宅でした。赤系の屋根に白壁でほぼ統一されており、私のように住宅のデザインを生かしたいと考えればピッタリの配色で何も疑うことはありませんでした。

しかし、「フェスティバル・ライフ」は黙ってノーマル住宅が設置されていました。

たぶん、エピックビルもできるし、デザインの一部にするのもアリなんじゃね、という余計なおせっかいをしてくれたのではないかと。提出期限も72hで24h延長されたわけですし。

ただね、基礎段階の場合はできず、最低でも第一段階までアップグレードしなければなりません。提出時に必ず人口数が必要になりますので、住宅種類はプレイヤーの選択にしてほしいって思う。

完成したエピックビル

案の定、高層ビルが完成しました。

しかし、今回の私のコンセプトは「グリーンバレー住宅でリゾートマンション風」ですので、テーマに合致せず。

どうせ消えてしまうものだからと諦めて、遠慮なく

長いことプレイしていて初めてエピックビルを”あやめて”しまいました。チョットだけ罪悪感が…。

デザインシムオリオンについて

「大いなる荒野」では住宅数35軒ほど完成させて、14000ほどのデザインシムオリオンが余ってしまいました。

私の興味としては、前回分が持ち越されるのかどうか…?

正解は「持ち越されない」です。

各フェーズ毎、毎回5000デザインシムオリオンからのスタートと考えて良さそうです。

持ち越されるようであれば、ある構想を練っていた

道路をデザインの一部にできないだろうかと考えていました。

特にサニーアイルズのような南国をイメージした場合、特に映えるのではないかと密かにしたためていた構想です。

海岸沿いに南国感溢れるフリーウェイを「大通り」にアップグレードすることでイメージしようかと。

大通りの真ん中をセパレートしている街路樹風の常緑樹に、真ん中にヤシの木(250ウェーブ・シムオリオン)を散りばめることでそれが一つのデザインになるかなぁと。

妄想しすぎですか?

フリーウェイ構想を断念した理由

これは、道路6本分(6マス)のアップグレード費用です。

1800デザインシムオリオンが6マス分ですので、単価は@300

これくらいであれば、チョット頑張ればイケそうです。

そして、次の六車線道路への建設費用は…?

えらく、高いねぇ

7200デザインシムオリオンが6マス分ですので、単価は@1200

どんな計算でそうなるの?跳ね上がりすぎて気持ち悪い!

あまりにも高額すぎて、シティデザインチャレンジでの海沿いフリーウェイ構想が崩れ去りました。

シティデザインチャレンジでの道路のアップグレード費用を調査

道路1マス分のアップグレード費用です。

簡単に表にするとこんな感じ。

道路1マスあたり
デザインシムオリオン
参考 破壊時
デザインシムオリオン収入
四車線道路@300@150
六車線道路@1200@750
大通り@1500@1500
表通り@2000@2500
路面電車軌道付きナシナシ
破壊収入は累計の半額返し

住宅を建てることでしか得られないデザインシムオリオンですので、大通りにする為には一体どれだけの住宅穿設をすればいいのかと、恐ろしく感じるような価格設定です。1マスや2マスだけで収まるわけがないですからね。

おそらく、住民のアップグレード要求に応える為には四車線道路まででいい、そんな基本設計なのでしょう。

そして、今回は路面電車軌道付きは設定されていません。

フロスティーフィヨルドがモチーフであれば使うことも想定していましたが、デザインチャレンジには路面電車軌道付き道路は盛り込まれていないので不可能です。

下からのライトアップ効果をフロスティーフィヨルド住宅に使おうと思っていたんですけど…。

社会実験?投票の行方でシムプレイヤーの真意を問う⁉

やはりといいましょうか、このような投稿も。

前回の「大いなる荒野」の勝利デザインが道路文字だったことに対する反発投稿ですね。

社会実験ですか…。

今回の投票時に道路文字作品が多く見られるかもしれませんね。

個人的には絶対投票しないつもりですけど。

追記 投票時に気付いたこと

前回もヒョッコリ付いていましたが、エントリー作品の左上と右上に❕マークがあり、タップすると出てくるのがコチラです。

まさかの道路文字対策なのか…?

乱用すると通報機能取り消しだとか。

これだけ小さいマップサイズでは何もできないとは思いますが…。

今回のまとめ

第2期早期アクセス第2フェーズの「フェスティバル・ライフ」も楽しく妄想させて頂きました。

フェスティバルということで、急遽交通カテゴリの「熱気球のフライトエリア」をいくつか購入して、画面内を気球で満たそうとスマホの前で何時間も粘ったことは苦い思い出です。

シムシティでの気球にはコツあるんですかねぇ?

自分の思い描くペースで気球が飛ばないのよ、ホントに。風向き次第でどこかへ飛んで行ってしまうし…。

グリーンバレー住宅でのリゾートマンション風タウンの構築には失敗し、散々な出来栄えでしたが、細かいことは気にしちゃいられません。

シティデザインチャレンジは参加することに意義がある!

以上、開き直ったシム吉でした。

それでは。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました