ビーチカテゴリ昨年のセールまとめ記事はコチラをクリック

『サニーアイルズ』完成した第一の島を分析!数字で表現してみると…

サニーアイルズアイキャッチフロスティーフィヨルド

サニーアイルズの開発でエントリ上げたものがあります。

コチラは自分で読み返してみると内容が抽象的だったかな?と反省しているところであります。

そこで今回は数字と視覚的なものを付け足して説明してみよう、そんなエントリです。

分析方法の紹介~人口数の数え方

実にアナログちっくな方法です。

人口数計測方法

住宅長押しで数字を出して、ここでは『+17,179』と表示されているもの、これをエリア内の住宅数分だけ計算機片手に足し上げるだけ。

住宅以外の特化施設などはここに含まれるので、必要ありません。

このような手法はサニーアイルズ第一の島しかできません。たった58棟だけだったので。

首都で400棟以上は絶対無理です、計算合わせる自信もないし。

一応、参考記事リンクしておきますね。

数字の見方について説明してあります。

画像と共に

完成形はこちらです

サニーアイルズ開発完成1

サニーアイルズの地域固有住宅で高さを整えながら作ってあります。上から回しながら眺めると、設計図のイメージどおりに「かざぐるま」風のデザインできています(自己評価)。

ビーチ側にエピックビルが4棟有りますが、地域固有住宅建設間に合わなかった為にご愛敬で。

エピックビルと地域住宅との誤差を計算しておくと

人口数は2411ひく2347で64人、それが4棟で256人が特化ブースト400%前後ですので、地域固有住宅に差し替えた場合には1000人くらい少なくなると考えて良さそうです、ザックリとした計算ですけど。

エピックビルと地域住宅は人口数は微差。こだわるところではありません。

そして計算結果はこちら

サニーアイルズ第一の島住宅分布

意外と人口数持てましたね。

764k とは当初の計画より大幅に上回ることができました。

住宅数58軒は想定内でしょうか。

補足すると、画像内で住宅101棟とはサニーアイルズ全体の数字を表し、そのうち第一の島では58棟存在することを意味しています。

特化施設について

ここで使っている特化施設は比較的弱めです。

もう少し強力なアイテム使いたかったのですが、ビーチの「船乗りの桟橋」に金鍵使い過ぎて苦しくなりました。

コレを参考に街づくりされる場合、更に強力な特化アイテム、それに伴い住宅数の増加させれば80万から上を狙えます。

サニーアイルズしか開放していないとか状況が許されるので有ればチャレンジする価値あるかもしれません。流石に4箇所開放で地域人口数500万超えてくると金鍵が絶対量不足します。

工場・商業施設について

上記スクショ右側に注釈入っています。

当方は首都で人口持つことをテーマにしていますので、工場及び商業施設は全て地域に移転してあり、ここサニーアイルズにおいては12軒分の施設を受け入れています。

消防・警察・健康の大型施設の共通範囲が19×21

ビーチの船乗りの桟橋の効果範囲が長さ19.5(実測値)

コレらが届かないエリアに工場などを集めた、そんな表現でしょうか。

日常の作業は慣れてしまえば問題はありません。クラブ大戦しなければコチラの方が具合いいかと。

シェア用のショットをもう一枚

サニーアイルズ開発2

ところどころ、フロスティフィヨルドやグリーンバレーなど他の地域の住宅が混じっています。コンテストの関係で仕方なく建設したものですが、他の地域の住宅は建てるべきではないなと、痛感しました。

というのもコチラ

サニーアイルズにグリーンバレー建物を建てる

サニーアイルズの特産品だけでなく、グリーンバレーの特産品まで要求されてしまうのです。どの地域でも地域特産品は簡単に作れるものではないので、地域住宅はその地域或いは首都で建てるべきです。

サニーアイルズではサニーアイルズ地域住宅以外は建てない方が良い、ということです。

動画にまとめてみました。

今回書いたことはおおよそ網羅できているはずです。

シム吉サニーアイルズ2020.2月

設計図の検証

設計図の過去記事はコチラ

そしてこちらは設計図の完成品。

サニーアイルズ第一の島ファイナル

相当昔のことなので自分でプレイしながら少しずつ修正して出来上がった最終形になります。

大して変わっていませんが、当方コレで人口数76万の人口数持てています。

たぶんサニーアイルズしかこのような設計図書けないものと思います。首都や他の地域ではドットが細かくなりすぎて、スマホ閲覧には対応できないと思われるからです。

住宅や特化施設等は自由に配置してみてください。サニーアイルズ第一の島が練習用に最適というのはそこに理由があります。

要注意ポイントが一つだけ。

強力な特化施設や住宅増やせば人口数は増えるかもしれませんが、道路のアップグレード要求が発生してシムオリオンで苦しむ可能性もあります。

過去記事はコチラ

上記設計図は道路のアップグレード要求が少な目になるようにできています。

実際当方も3本だけ路面電車軌道付きまで要求されましたが、それ以外は四車線道路で済んでいます。

今回のまとめ

何となく見えてきましたか?

サニーアイルズを人気スポットで考えた場合には、教育カテの「海洋学研究所」が2×3サイズと若干使いにくく、娯楽カテの「ルアウパーティ」かギャンブルカテゴリの「火山カジノ」という3×2サイズがメインになってくるかと思われます。

育成費用は安いので人気スポット初心者向けかもしれません。

このオススメ人気スポットのレベル10必要人口数は86万と100万ですので、第一の島で76万作れればあと少しでアンロックできます。

当方はサニーアイルズで開放から130万オーバーの人口数持つまで5ヶ月ほどでしょうか。流石に短期間でできるものではありませんね。

人気スポットのアンロック以外に地域開発なんてメリットないので、サニーアイルズの開発はここまでで十分かな。

あとは400万計画を想像してみようかなと…。

コメント 今回の投稿内容について

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました