ビーチカテゴリ昨年のセールまとめ記事はコチラをクリック

ライムストーンクリフ地区の開発〜道路の引き方と消防警察健康と

ライムストーン開発計画ライムストーンクリフ

地域という新たなシステムがリリースされて、このライムストーンは云わば「初期メンバー」です。形状的には大きなH型でトリッキーに感じられるかもしれません。実際私も開発がままならず、途中で中断して何度か構想を練り直す局面ありました。まだまだ1/8程度しか開発できていませんが、エリア拡大すすんで見えてきたことありますので、ここにまとめてみたいと思います。

ライムストーンのサイズ確認

H型を3分割にして考えます。貿易センターやコンテストタワーのある開発スタートエリアを右側、真ん中の「風の谷」エリア、そしてH型の左側と表記します

H型右側エリア

どんなに引きのショットでも一枚に収めることできませんでした。画像にメモしてあるとおりに16×80になります。

H型中央 風の谷

真ん中に絞って考えれば24×24の正方形サイズになります。サニーアイルズ第一の島と同じサイズですが、ここには両隣に幅16が2つある連続形で24×56と考えた方が良さそうです。その数字はサニーアイルズ第3の島と全く同じことになります。

H型の右側エリアはエリアアイテム不足で開放できず、幅が16であることはわかっていますが、長さについて正確な数字を把握できていません。しかし目標が250万達成であるならば、全開放必要ないと思われます。

H型右側のエリアの道路効率を考えておく

兎にも角にもスタートはここからです。少しずつ開発していけば良いのですが、道路の引き方間違えると街づくりが面倒になり、ノータックスエリアなのに道路アップグレード要求はフツーにあり、挙句シムオリオン無くて詰むことないようにしないといけません。

道路の引き方で見ることが多いのはこのパターンです。

H型左側サンプル用

道路4本に住宅2軒相対するサイズの4のスペースが3ヵ所のパターンです。これを延々と伸ばしていくわけですね。私のように横に引いていくパターンも少数ですが見ることがあります。果たしてどちらが効率的な道路の引き方なのか検証してみます。

H型の右側に縦に道路4本引いた場合、80の長さで320本になります。そこに高速出口に渡り線16本入れなくては繋がらないので、足して336本分という計算になります。スクショは左側エリアのものですが、画面上部に高速出口有ると仮定して想像してみるとわかるかもしれません。縦線は突き当たりまでそのまま伸ばしていくだけです。

一方、横引きの場合には横線が16本で16×16は256本。また渡り線として縦に80本分必要ですので、合計336になり、全くの互角になります。

したがって、H型右側のエリアの道路は縦横による有利不利はないということになります。

消防警察健康はどのようにするか

オメガ住宅以外では絶対必要になるものです。幅が16ですので大型の施設を使えばハミ出るのが勿体無いし、何しろ高い。できれば中型で回したいが、消防警察健康共通で12×12なので狭くて街づくりに制約がかかりそう。

そこで私は大まかな計画を立ててみました。

ライムストーン開発計画

消防警察健康に地域の屋台を4コでワンセットとして、大型中型それぞれのエリアでブロック化しながら作っていく計画です。屋台は設置した数だけライムオリオンが必要になりますが、消防警察健康は首都地域合算で4個以上は一律になりますので計算が立てやすくなります。中型施設は大型のものに比べて3分の1以下の価格ですので、極力中型で作った方が負担は軽くなります。

ライムストーン開発

3号機の様子ですが、丸印の所に中型施設を集めてあります。現在のところ道路のアップグレード要求避けるため特化施設は設置してありません。どうしても地域の場合には地域特産(ここは屋台)を入れなくてはならず、効率が悪くなります。そこが首都と違うところです。ちなみに人口は8万8千ほどです。中型施設4コ1セットで16件の住宅をカバーしていて、それが2セットの状態です。

道路を路面電車付き以上にできたメイン機の様子です。住宅の配置は(微妙に違いはあるけど)同じ作り方してありますが、空きスペースに特化施設入れるとこのくらい人口ブーストできます。ポイントは2つあって、手前の桑畑は公害あるので避ける設置方法をしてあること、もう1つは高速出てすぐに小型の警察と診療所入れて一列手前に広げてあることが挙げられます。そして計画に従い、資金に余裕ある時に大型の消防警察健康を購入設置しています。

道路を横引きにした場合、消防警察健康屋台の中型と相性いいのかなって思います。更に(右側に集めた)設置が難しい3×3の施設も入れやすいのもポイントです。全て大型設置で回せるだけの資金力あれば悩むことありませんが、現状では難しいので節約街づくりをせざるを得ないですね。

道路縦に引いた場合には、スペースが全て4でできていますので、感覚的に3×3の特化施設が設置しにくくなります。また、消防警察健康屋台が中型だと端まで効果範囲届かないので、開発しやすさ考えて大型施設を設置しているパターン見受けられます。シムオリオンの節約とスペースの確保を考えて、この幅16のエリアは中型でやりくりしたいですね。

そして真ん中のエリアを24×56と捉えて、大型の施設を2セットで街づくりしていくのが私の計画です。大きく街づくりできれば特化の効果が上がりますので、人口数を稼ぐなら24×56のエリアで上積みできそうです。

やはり、ライムストーンは難易度高めです。私は3×3の観覧車など余らせていますので、できるだけ消化しながら街づくりをしなくてはならない事情もあり、事態は複雑です。それでもここまで見通しできてきたので、ゆっくりと街づくりしていきます。

コメント 今回の投稿内容について

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました