ビーチカテゴリ昨年のセールまとめ記事はコチラをクリック

シムシティビルドイット道路の費用を分析する。オメガリニア鉄道も。

オメガリニア付き道路条件説明用街づくりのトピックス

道路の仕組みって、皆さんどれだけ理解できているのだろうか?といつも疑問に思っています。

私がシムシティビルドイットでの道路を完全にマスターできていないこと承知で簡単なこと書いたら、「そんなこと知ってるし」と相手にもされないだろうし、かといって色々書いているうちにどうしても触れなくてはならない道路の問題を説明しないで先に進めていては「あいつの書いていることわかりにくい」とか言われかねないし、要するに道路のことをどれだけ理解できているのかで、こちらの書き方が変わっていってしまうということになります。

そうであったのなら、基礎の基礎だと(こちらで)考えていることを、敢えて掲載しておき参照してというスタイルにしておいた方が楽かな、なんて思ったりしています。

道路について簡単なことだけですが、自分が知っていることまともに書いたら原稿用紙30枚くらいのボリュウムになりそうなので、小分けにしてみよう。

今回はその第一弾としてアップします。原稿用紙8枚くらいのボリュームです。

道路のカネオくんは?

費用(道路1本分)累計破壊収入
四車線道路§300§150
六車線道路§1200§1500§750
大通り§1500§3000§1500
表通り§2000§5000§2500
路面電車軌道付き§2500§7500§3750
オメガリニア鉄道1500ネオシムオリオン750

道路一本分の価格です。初期は無料で道路引けますが、以後は追加でこれだけ掛かります。例として挙げるなら、首都で68本分の道路を初期から路面電車付きまでアップグレードしていく場合には、7500×68で51万シムオリオン必要になる計算です。

因みに私の首都は全てオメガリニア鉄道になっていますが、68の長さの道路が10本ありますので、

51万(シムオリオン)×10 ⇒510万(シムオリオン)

1500(ネオシムオリオン)×68×10 ⇒102万(ネオシムオリオン)

これだけ既に投資済み、ということです。

今現在、手持ちのシムオリオンは10万切っていることが殆どですが、これ以上維持費や修繕費など計上する必要のない「永遠の資産」を510万シムオリオン持っているのと同じこと。

「流動資産」持っていないから、地域開発で苦境に立たされるのは仕方のないことなんですけどね。

それはいいとして、地域最長はライムストーンのH型の両サイドの部分で80本分あります。

  • 4車線道路には24,000
  • 6車線道路には96,000
  • 大通りには120,000
  • 表通りには160,000
  • 路面電車軌道付きには200,000

これは各段階でのアップグレード要求価格です。四車線道路から六車線道路にアプグレ価格が§24,000というだけで無料で引ける初期の道路から路面電車軌道付きまで育て上げるとしたなら、

(累計)7500×80(本)=60万シムオリオン

80本分を丸々投資しようとしたらこれだけ掛かるので、交差点を作るとか何かしらの工夫をしないと苦しくなります。地域開発で即積み案件が見られるのはそういった事情があるものと思われます。

街の開発計画に道路を組み込むことは当然大事なことですが、道路の考え方として累計金額が大事なファクターになるはずです。

道路の破壊は慎重に

破壊した場合に返金されるのは全て半額になり、路面電車付きまでは累計の半額になります。

  • 表通りまでアップグレードした道路4本分を壊すと10,000シムオリオンの返金がある
  • 路面電車付きまでアップグレードした道路4本分を壊すと15,000シムオリオンの返金がある
  • オメガリニア鉄道までフルアップグレードした道路4本分を壊すと3000ネオシムオリオンの返金があるが、シムオリオンの返金はない。

一番最後が重要なポイントで、オメガ鉄道までアップグレードしてしまったなら、完成形にしないと大幅なロスをすることになるどころか、今まで投じたシムオリオンがゼロになります。逆にいえば、道路のアップグレード要求は路面電車付きまでで止めていおいた方が無難です。

道路の引き直しで、壊していく過程では一瞬金持ち気分を味わえるのですが、結局半額損しているので、アップグレード要求がキツく感じられます。

オメガリニア鉄道道路とは?

都市レベル37から設置可能となる道路の最上級グレードですが、実質37でオメガリニア鉄道にアップグレード要求は滅多に来ないものと思われます。都市レベルがどうであれ、アップグレード要求とは概念が違います。

オメガリニア鉄道道路のアップグレード要求条件は、

POINT

フルアップグレードのオメガ住宅が道路の両面にあり、且つ特化施設でブーストがっつり

このような条件でしかアップグレード要求きません。

通常では建設(投資)する必要性のない道路なのです。

オメガリニア付き道路条件説明用

こちらは当方メイン機でのグリーンバレー中洲のショットになります。

右側のオメガ住宅のエリアを見ていくと、オメガリニア鉄道道路が2カ所あります。その両サイドにオメガ住宅が建っていること確認できます。

地域ですので、アップグレード要求来れば対応するだけなので、余計な投資はしないように心がけています。

ということは、オメガ住宅両サイドにある場合のみオメガリニア道路にする必要があるということの証明になるかと思います。真ん中の表通りで済んでいる所は両サイド特化施設なのでオメガリニア鉄道にする必要がありません。

その他トウキョウ住宅や地域固有住宅が両サイドの場合には、オメガリニア道路にする必要がないこともお分かりいただけるかと思います。

そして、ビーチ沿いの道路は片面にしかオメガ住宅がありません。その場合には四車線道路で済んでしまいます。

この仕組みを利用して地域開発などに応用していくわけです。

こちらの方もわかりやすいですね。

オメガ住宅が両サイドにあるからオメガリニア鉄道道路にアップグレードしてあり、エピックビル両サイドは路面電車付き道路までになっています。

アップグレード要求来ないから敢えてオメガリニア鉄道にする必要がない、という理論です。

この方は道路はこれ以上弄らないからオメガリニア付き道路にしないのでしょうが、私の首都はオメガ住宅ゾーンとエピックビルゾーンの入れ替えもあり得るので全てオメガリニア鉄道にしてあります。

オメガリニア鉄道とは道路の最終形なので、「これ以上のアップグレード要求はない」と同義であり、道路を再編成しない限りオメガ住宅が多いほどオメガリニア鉄道にしてしまった方が良いのです。

街の人口数に満足していない場合には道路の再編成を含みにすることも考えられ、オメガリニア鉄道にアップグレードしないという選択肢もあるでしょう。

そういう時には、一本の道路に対しオメガ住宅片面、エピックビル片面とか道路のアップグレード要求を避けながら街づくりしていくことも戦略的にアリだと思います。

最後に今回のまとめ

道路にかかる費用とオメガリニア付き道路を同じ稿に入れた理由が見えてきたでしょうか?

オメガリニア鉄道に敢えてアップグレードしない、或いは積極的に建設してしまう理由が有るからです。

その裏側にはシムオリオン返金問題が存在するからでもあります。

いずれにしましても、

「道路の引き直しは極力避けるべきである」

「街の開発計画に道路のことを盛り込むべき」

この2点だけは今回のエントリーで私の言いたかったこととして理解してくだされば嬉しいかなぁ、そんな次第であります。

コメント 今回の投稿内容について

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました