ビーチカテゴリ昨年のセールまとめ記事はコチラをクリック

シムシティビルドイット!住宅建設その前に…インフラ値の計算方法

街づくりのトピックス

過去記事の書き直しなどしていますが、シムシティビルドイットでの人口数作るには当然知っておくべきことって多いな、と思います。

このインフラ値についても相当大事なことだと思われますので、何度もリライト(書き直し)して、少しでもわかりやすくしたいなとは考えています。

ただ、数字説明が多くなりますので、それなりの覚悟の上でお読みいただければと。

インフラ値について

今回はインフラの数字にまつわる話になります。

インフラ加算項目のない首都限定で考えてみましょうか。

インフラ値の説明

インフラ値といっても何のことか、軽く説明すると、電力・水道・下水・ゴミ処理の要求数値を上回る状態の供給値ことであり、首都においては同じ数値が、地域には各地域毎の加算項目が住宅1軒に+1ずつ設定されています。

例えば、首都にノーマル住宅5軒あった場合には4項目全て5が要求されて、これがグリーンバレーで同じ数あったら、電力・水道・下水は5を要求されて、ゴミ処理はプラス5の10が要求されます。

需要が供給を上回ると赤いビックリマーク出て、放置すると満足度が下がりやがて廃墟になります。

コンテストアサイン消化の為に建設していると忘れがちで、シムオリオンないのにリサイクル工場建てなけばならないなどの、どん詰まりの状態になることよくあります。特に地域で起きがちです。

住宅アサインこなす前に各エリアの需要と供給との差をチェックする習慣つけないといけないですね。

インフラ値必要になるのは?

需要が加算されるのは最初のアップグレードの時になります。以後最終段階まで、更にその住宅がある限りその需要数値が要求されます。

不満解消の為、アサインこなした後に壊してしまえば解決できますが、人口の増加なくなるのはもちろん、長期的に考えると経験値が上がってしまうのでレベル上がりやすくなります。その点だけ承知でスクラップするならそれでいいと思います。

序盤はシムオリオンで需要数見ながらその都度買い足していって、レベル30以降徐々にオメガのインフラ施設を増やしていきます。

各1施設100ずつでオメガ銀行の上限見ながら平らに増やしていくので、インフラ値とはオメガ中心に考えた場合供給値のことになります。主に首都での考え方で、地域は必要に応じて買い足すパターンです。

オメガに頼らないで、公害の出ない大型タイプでやってもいいでしょうが、スペースの関係でオメガインフラ施設の方が具合いいですね。

人口増やそうと思えば、住宅数は絶対必須になるので、特にインフラ数値は都市計画の一部に入れておくべきだと思います。一方で、ある一定のところで人口増加止めて、そのインフラ値でいくのも手だと思います。

特にオメガ住宅があと何軒建てられるのか知る為に必要で、オメガ一軒につき5も必要になることからオメガインフラ設備100増やせば20軒建てられます。そうやって空きスペース考えながら人口数の推定をしています。

地域ができる前は、需要値の仕組みが発表されていなくて、自分で計算していたものです。何度も計算してその都度合わなくて大変だった記憶があります。

今は、オメガ住宅が5で地域住宅は2プラス各地の条件と発表されていて、わかりやすくなりました。ここではその計算方法を説明していきます。

インフラ値の計算方法

当初はエピックが幾つなのか、それが知りたかっただけです。というのも、ノーマル住宅1,836シムに対して、エピックは2,411シムも持ってくれるのです。余りにもおトクですよね。

エピック完成後にインフラ需要値上がる仕様ではないかと疑ったものです。

その為に計算したというべきか…。

3号機首都 インフラ値計算 ゴミ処理

3号機首都で計算してみます。

インフラ需要値258を確認しておきます。レベル40くらいですので、まだオメガインフラ均等に、とはいきません。徐々に進めていきます。

3号機首都 インフラ値確認 ドローン

ここで現在のオメガ住宅の数を30と確認します。今は需要値「5」と判明していますが、当時は色々な数値当てはめて計算したものです。

30×5で150が需要値で258から引くと残り108ですね。

3号機首都 インフラ値 ランドマークで確認

ランドマークの条件でパリは凱旋門かエッフェル塔東京は姫路城ロンドンはビッグベンで各住宅数確認します。

しかし、現在のところ地域にある各住宅も含んだ総計表示ですので、地域なるものができる前はこれで計算スタートできたのですが、このアカウントには地域にもパリロンドン東京あるので、ある程度目視で確認します。

3号機首都 インフラ値 パリロンドン東京住宅数確認

こんな感じでカウントしておきました。ざっくりパリロンドン東京で30棟、地域住宅3棟になります。

当時は公表されていなかったパリロンドン東京は「2」だと判明しています。当時の私の計算の試行錯誤は飛ばして、新規住宅建設時に表示される説明の『サービス需要 中』は全てインフラ需要値2を意味しています。

ですので33棟×2でインフラ需要値66になり、オメガから更に引くと42になります。

表にしてみました。

住宅種類基本値住宅数インフラ需要×住宅インフラ需要値258
オメガ住宅530150108
パリロンドン東京2306048
地域23642
ノーマル住宅1??????
エピックビル1??????

一番左の項目は、インフラ総需要値からのカウントダウン表示です。途中経過がわかるでしょうか。

ここまで来ると、あとはエピックとノーマル住宅のみとなります。

3号機首都 インフラ値 地域住宅確認

その前の画像で全て説明できたようですが、敢えて貼ってみました。

この3号機にはノーマル住宅1軒もありません。全てエピックにしてあります。

おっ、ちょうど42が表示されています。インフラ需要値42と一致ですね。

ノーマル住宅とエピックビルの関係

知りたかったのはエピックビルにしてもインフラ需要値が変わらないことです。おトクですよね、人口数では匹敵すると言われる地域住宅よりインフラ需要値が1少なく、トークンパーツも生産してくれる。

ですので、ゲーム上では極力エピックビルは建設した方が良いのです。

計算方法はこんな感じですが、人口増加を戦略的に捉えるなら以下のようなことも考えられます。

インフラ数値の計算できれば
  • case 1
    同じインフラ基本値ならば

    パリ住宅を地域住宅に建て替えて人口アップを図りたい。その際にはインフラ需要値の変更点なく、消防警察健康のエリア変更なしなので、住宅の最大の人口数の差が比例して増えるだけ。

  • case 2
    空きスペースの使い方

    インフラ需要値の増減考えて、インフラサービス設置スペースと住宅の設置可能数を計算しておく。

  • case 3
    建て替え時のインフラ数値増減ある場合

    私のメイン機でのケースですが、ロンドン住宅37棟をオメガ住宅に建て替えようとしている。インフラ需要値が3ずつ上がるが、実際には消防警察健康要らなくなり、コントロールネット中型3軒で回せばスペース的に5棟分くらい住宅建設可能なので、インフラ需要値として111+25で136の余裕あればインフラ気にせず建て替えられる

と、こういった感じで組立ていくわけですね。

まとめ

他人の街を訪問する時も、やり込み感のある首都にたどり着いたら、まず全般のオメガとそれ以外の住宅の比率を見てからオメガ発電所数えるだけで、その街づくりが見えてきます。

人口750万シム目指すといってもそれなりの前準備というか設計図を描く必要があり、インフラの数値は組み立て上の重要なファクターだという話でした。

以上

コメント 今回の投稿内容について

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました