メンテナンス作業中

【地域住宅もサンショク】段階別も全網羅!フロスティーフィヨルド編

街づくりのトピックス

地域開発が始まった当時はラインナップされておらず、サニーアイルズと共に数か月遅れでスタートしたフロスティーフィヨルド地区。


地域はそれぞれの風景に合わせたデザインの住宅が六段階に渡り揃っています。

シムシティの住宅にはどの段階でもサンショクが用意されており、フロスティーフィヨルド地区住宅のすべてをまとめたのが今回の企画です。


一応念のため先に申し上げておきますと、今回の企画はスマホ版ですと画像が小さく感じるかもしれません。スマホでも閲覧できビューワーも入れてありますが、細かい違いを探したいのであればPCなど画面の大きなもので見ていただけると見易いかと思います。。

Add

地域住宅全般 特徴

基礎データ
段階数人口数第六段階
比率
パターン
基礎段階0
第一段階562.3%4
第二段階1104.7%2
第三段階1476.2%2
第四段階35615.1%1~2
第五段階95240.5%3種類
第六段階2347100%6種類

人口数に拘るのであれば、最終第六段階までのアップグレードは必須。そうでなければ、お気に入りのどの段階でもOK。

地域住宅は第五段階で3種類あり、最終第六段階にて6つのパターンのどれになるのか、法則性については把握できていません。色目も含めて、その都度(内部抽選確率にて)抽選しているものと考えられます。

地域住宅共通

 所得予想での表示は必ず標準住宅

 アップグレード時に必ず該当するエリアの地域特産物が必要

 基本的に地域がアンロックされた住宅はどこのエリアでも建てられる ただし開放していないエリアの住宅は建てられない

首都に地域住宅も可能

 インフラ需要値は「2」

  →どのエリアにも建てられますが、当該地域のインフラ加算項目に従う

フロスティーフィヨルド住宅の画像

道路設置条件面を建物の”正面”として紹介していきます。

第一段階 4パターン

基礎段階から第一段階を推測することは不可能。完全抽選だと思われます。

FF Tier1

4パターンのサンショクを集めてみました。

 フロスティーフィヨルド 第一段階 4パターン サンショク
FF Tier1 1
FF Tier1 3
FF Tier1 2
FF Tier1 4

第二段階 2パターン

 フロスティーフィヨルド 第二段階 2パターン サンショク
FF Tier2 1
FF Tier2 2

第三段階 2パターン

FF Tier3

以下、2つのパターンのサンショクです。

 フロスティーフィヨルド 第三段階 2パターン サンショク
FF Tier3 1
FF Tier3 2

第四段階 2パターン

FF Tier4

以下、2つのパターンのサンショクです。

 フロスティーフィヨルド 第四段階 2パターン サンショク
FF Tier4 1
FF Tier4 2

第五段階 3パターン

 フロスティーフィヨルド 第五段階 3パターン サンショク
FF Tier5 1
FF Tier5 2
FF Tier5 3

フロスティーフィヨルド住宅第五段階だけで作ってみた

シティデザインチャレンジ正式版の第一弾「東洋への旅」にて。

東洋かどうかはさておき、私の場合にはサンショク集めがメインの仕事。最終的にフロスティーフィヨルド住宅第五段階24棟で提出しました。

ここはライムストーン?そんなの関係なし。

ライムでFF住宅

夕日に照らされて、赤系オレンジ系を使ったアイテムで色彩を強調してみた。

これで人口数は17万ほど。まあまあかな。

何しろ、第五段階のいいところは3パターンしかないこと。フルアップグレード住宅は6パターンもあり、第五段階までだと同じパターンでまとめやすいことがおすすめポイント。通常ゲームでも応用できるかもしれません。

ま、私はこれで自己満足できたので、それでいいかなと。

第六段階 6パターン ①

FF Tier6 1

第六段階 6パターン ② 高さは同じ

FF Tier6 2

第六段階 6パターン ③ 

FF Tier6 3

第六段階 6パターン ④ 右側が高い

FF Tier6 4

第六段階 6パターン ⑤ 左右が繋がっている

FF Tier6 5

第六段階 6パターン ⑥ オーソドックスなデザイン

FF Tier6 6

フロスティーフィヨルドで一番人気なのかもしれませんね、このパターンは。

その他のパターンは、どうしても”色別パズル”みたいになりがち。

個人的には、右側の対岸エリアに設置するパターンが好きかなぁ。左側のエリアはどうしても白く見えてしまうのでボヤケてしまいがちなんですよね。

フロスティーフィヨルド住宅 まとめ

フロスティーフィヨルド地区住宅のトピックを紹介します。

フロスティーフィヨルドのイメージに合った画像を探してきてくれたようです。北欧のどこか(?)らしいです。

そうそう、左側はこんなイメージ。

シムシティビルドイットのフロスティーフィヨルド地区住宅は、壁の色彩がハッキリとしていてわかりやすいのが特徴です。

ここで、私はフルアップグレード住宅をどのように配置しているのかだけを紹介します。

対岸エリア(12×120)はこんな感じに。

FF イメージ

目立つ場所に第六段階6番目のパターンを色別に並べて、一直線なイメージに配置しています。

対する、左側のエリアはこんな感じに。

FF イメージgreen

グリーン系を強調する【③のパターン3番目と④のパターン2番目】を並べてみました。グリーン系で一直線な感じにまとめています。

私の開発においては、フロスティーフィヨルド地区住宅は250棟ほどで開発終了しました。完成形住宅は6パターンサンショクで18種類ありますが、パターンや色目を含めても大体均等に出来上がっています。何かが飛びぬけて多いとか、逆に少ないということもありません。

確率ってそんなもの。分母が大きくなれば落ち着いてくるものです。

フロスティーフィヨルド住宅とは、ついでに建物の色目も楽しむことができる、結構お得感のある住宅だと思います。

何かお気に入りを見つけられたら挑戦してみてください。

それでは。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました