【ラテンアメリカ地区もサンショク】住宅のすべてをまとめてみた

街づくりのトピックス

エピックビルのサンショクシリーズの完成に向け、日夜努力を重ねてきましたが、その種類の多さ・時間がかかる・高額な建設費用の三点にヤラれて嫌気が差してきました。

少しでも簡単なサンショクを探せそうなものは何かということで、今回の企画を考えてみました。

テーマは

「ラテンアメリカ地区住宅のサンショク」

カラフルな色遣いをお楽しみください。

2021/03/20 追記 全段階サンショク追加

ラテンアメリカ地区住宅の特徴

2020年6月ごろ、市長パスシーズンⅦでは【ラテンアメリカ】をテーマに様々なイベントが展開されていました。そこでスポーツショップという名の季節限定ショップと同時登場したのがラテンアメリカ住宅です。

久しぶり(5年ぶり?)に登場した新デザインの住宅でした。サッカー大国である南米ブラジル・リオデジャネイロをモチーフにしていると考えられていますが定かではありません。

ベースはパステルカラーで、全体的に”可愛い”感じに仕立てられています。特化施設と合わせて街づくりしてみたいですね。

基礎的なデータ

段階数人口数第四段階
比率
パターン
基礎段階0
第一段階522.8%3種類
第二段階1045.6%2種類
第三段階31317.0%2種類
第四段階1836100%3種類

段階別の人口数はノーマル住宅の数字の動きと同じです。

ノーマル住宅の第三段階と第五段階が抜けたもの、と考えられます。

ラテンアメリカ住宅は第三段階で2種類あり、最終第四段階にて3つのパターンのどれになるのか、法則性については現状では把握できていません。

 ラテンアメリカ地区住宅まとめ

 ノーマル住宅と決定的に違うこと…大規模プロジェクトは不可

  ⇒ノーマル住宅と同じ最大人口数ですが、ラテンアメリカ住宅は第四段階が最終形

 所得予想での表示は必ず標準住宅

 アップグレード時のアイテム要求数は多め又はアイテム難易度が高め

  ⇒ノーマル住宅との比較上避けられないことです。

 アップグレード時の経験値も高め。

  ⇒これもノーマル住宅と累積段階数が違うのに最終の人口数が同じ仕様ですから当然のこと

 インフラ需要値は「1」

  ⇒地域で建設する場合には、各地域のインフラ加算項目が適用されます

 アサインメントでは1回のアップグレードで1200ポイントが設定されている優遇された住宅

高低差について

見た目の問題ですが、当方の見立てではパリ・ロンドン住宅、いわゆる低層住宅と同じ程度のように見えます。

視野が広がるので、住宅のパステル調の色彩を活かした街づくりには最適です。

夜間は節電⁉存在感が消える住宅

パステルカラーで目立っていた建物は夜間になると光を失い、存在感が消えてしまいます。

サンサンと太陽光の降り注ぐ日中に活躍するイメージですね、ラテンアメリカ地区住宅とは。

細かいところが気になる…石の道路?

ラテンアメリカ住宅を設置してみて、おかしな空白が発生していると気付かれる方もいらっしゃるかもしれません。

おかしな空白とは、道路設置条件面に必ずついている赤系の石を敷き詰めた通路みたいなものがその正体です。

地面のベースがベージュ系のサニーアイルズやサボテンキャニオンだと”おかしな空白”に見えるし、ベースがグリーン系のライムストーンやグリーンバレーですと違和感のある隙間っぽく感じてしまうかもしれません。

下記の画像に青い矢印入れてあるのでご確認いただき、細部にまで拘る街づくりをされるようでしたら何かで隠すような配置をお勧めします。或いはラテンアメリカ地区住宅を連続して並べると歩道のような感じに仕立てられます。

ラテンアメリカ住宅画像

道路設置条件面からの画像を正面とします。

ゲーム内時間により日差しの具合で見え方が変化するため、住宅アイコン内の画像を使用。

第一段階 3パターン サンショク

ラテンアメリカ住宅第一段階3パターン

以下、3パターンそれぞれのサンショク

 第一段階 3パターン サンショク

第二段階 2パターン サンショク

 第二段階 2パターン サンショク
ラテンアメリカ住宅第二段階①
ラテンアメリカ住宅第二段階②

第三段階 2パターン サンショク

 第三段階 2パターン サンショク
ラテンアメリカ住宅第三段階①
ラテンアメリカ住宅第三段階②

第四段階 ① 右側が高い 段差がある

こちらはわかりやすいかと思われます。

テラスには日焼け用ののビーチマット(?)が2枚並んでいます。

第四段階 ② 右側が高い ソーラーパネル(?)付き

当方の予想では、ラテンアメリカ住宅の中でも②の壁がパープルパターンが一番人気ではないかと考えていますがいかがでしょうか?時間帯によってはピンク系に見えたりして、一番派手なラテンアメリカ地区住宅なのでないかと思われます。

このデザインの特徴としましては、屋上部分にソーラーパネルが付いております。

ゲーム時間の夜間になると黄色く光ったりします。ソーラーパネルって発光しましたっけ?

すると、ソーラーパネルではないのか…謎設定。

第四段階 ③ 右側が若干高い 判別は激ムズ

この画像だけiPhone版で撮影しましたが、ズームアップが思っていた以上によらない。

同じシムシティでも、iPad版とは機能に差があるようです。

特に①と③が難しい。

上から見ると違いに気づけないかもしれません。屋上部分は同系色です。

正面から見ると、左側がイエロー系、右側がブルー対グリーンの同系配色になっており、パット見ではわかりにくいです。

唯一といっても過言ではないのは「エントランス」の配色が一番の違いかと。

後方からの構図で撮ってみたのですが、グリーンとブルーが正確に見抜けるのであれば何とか。

ふつうに気付かないと思いますので、拘らないのであればそのままでもいいのかもしれませんね。

あとがき

低層で視認性が良く、また建物のパステル調の色使いが気に入り、ラテンアメリカ住宅オンリーで建てている方もいらっしゃるかもしれません。

逆に当方のように人口数にこだわってしまうと、大規模プロジェクトできないなどネガティブなイメージが先行し積極的に建設する気になれません。

好みの分かれる住宅なのかもしれません。

他の住宅同様に、最終段階ではキッチリとサンショク成立していますので、色彩を散りばめる形で街づくりしてみてはいかがでしょうか。

それでは。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました