商業施設製造アイテム全開放してみて~レベル43までのまとめ

街づくりのトピックス

当方運営アカウントの4番目がめでたく43才(オッサンかよ)を迎え、ある区切りを迎えました。

都市レベル43とは商業施設で製造できるアイテム、即ち、ファーストフードショップのポップコーンを製造できることになり、それが現行のシムシティビルドイットではラストアイテムとなります。

今回は要注意ポイントを含めて、商業施設全般についてまとめていきます。

都市レベル43にもなっているのに…

コチラはゲーム内のスクショ。

右サイドのアイコンにご注目!

道路のアップグレードは満足度100%キープできているから問題ないとしても、その下の下の9ってどーゆうこと?と思われるかもしれません。

商業施設を格納しているわけではありません。手前に並んでいますね。

そう、アップグレード滞納中なのです  (*ノωノ)

9か所の商業施設でアップグレード可能という非常事態なのですが、アップグレードは必要でないと考えているから放置しているだけです。

それでは、商業施設のアップグレードについて精査してみましょうか。

商業施設のアップグレード

項目を一つずつ確認していきます。

全商業施設共通 アップグレードによる”時短”について

アップグレードしていない初期の購入段階からシムオリオンを使い徐々に時短を図り生産効率を上げていきます。

おそらく、地域特産商業施設も同じ仕組みになっているハズです。

表示状態時短効果状態
☆☆☆ナシ購入初期
☆☆★-10%第一段階
☆★★-5%第二段階
★★★-5%完全アップグレード

トータルでは初期段階から20%の時短しか得られないものであり、第二・第三段階では各5%ずつ。初期段階から第一段階への10%時短は効果大きいと思われますが、その先は5%ずつしか時短できないのであれば高額なアップグレード費用対効果は…?

これが、商業施設のアップグレードを拒み続ける理由です。もちろん、それなりの銀トークン生成ビルに570コ以上の金トークンのストックがあるからこそ成せる取り組み方であることは承知しています。

(もちろん、シムオリオン金欠が一番大きな理由ですけど)

商業施設別アップグレードリスト~都市レベル別

どのレベルでアップグレード可能なのかリストアップ

施設名購入可能☆☆★
-10%
☆★★
-5%
★★★
-5%
資材工房Lv.1Lv.13
Lv.26
§26,000
Lv.33
§32,000
ホームセンターLv.4Lv.16
Lv.28
§27,000
Lv.36
§35,000
農作物市場Lv.8Lv.20
Lv.32
§31,000
Lv.40
§39,000
家具店Lv.10Lv.22
Lv.34
§33,000
Lv.43
§41,000
ガーデニング用品店Lv.14Lv.27
Lv.38
§37,000
Lv.46
§45,000
ドーナッツショップLv.18Lv.30
§29,000
Lv.42
§41,000
Lv.50
§49,000
アパレルストアLv.19Lv.31
§30,000
Lv.43
§42,000
Lv.51
ファーストフード店Lv.25Lv.37
§40,000
Lv.49
§48,000
Lv.57
電気店Lv.29Lv.41
§36,000
Lv.53
§52,000
Lv.61
下段はシムオリオン 空欄は未確認か資料ナシ 青文字 滞納9つ分

アップグレード費用については、1回上げるごとに1000ずつ加算されていくような、シムシティらしい組み立てになっているようです。大規模プロジェクトの建設費用(同一カテゴリ・同一エリア)と似たような仕組み。

5%時短の効果ってそれほどあるのでしょうか?

「資材工房」「ホームセンター」「農作物市場」の主要3ショップではアリかもしれません。

しかし、製造予定スロット数が増えない以上出来上がる数は変わらないし、次回ログイン時までに完成しているようにスケジュールを組み立ててトークンを適正使用していれば、5%の時短など大して重要なことではないと考えます。

プレイに関われる時間が多い人にとっては5%の恩恵は大きいのかもしれませんが、私のプレイスタイルでは全く必要がない、それだけのことです。

4回目のチャレンジで初めて気付いたことでした。もっと早く気付けよ… (-_-;)

アイテム別開放レベル一覧

製造時間を書いてありますが、コチラの都合上、すべて★★★の完全フルアップグレード状態での表記となっています。

アイテム
ショップ資材資材HCHC農作物HC家具資材GS
開放レベルLv.1Lv.3Lv.4Lv.6Lv.8Lv.9Lv.10Lv.13Lv.14
製造時間4m24m11m
12s
16m16m24m16m16m24m
アイテム
資材資材資材家具GSHC農作物DS農作物
開放レベルLv.14Lv.15Lv.16Lv.16Lv.16Lv.17Lv.17Lv.18Lv.18
製造時間40m48m48m24m1h
12m
36m24m36m1h
12m
アイテム
アパレDSHCGSアパレアパレ農作物DS農作物
開放レベルLv.19Lv.20Lv.20Lv.21Lv.21Lv.22Lv.23Lv.24Lv.24
製造時間48m24m48m1h
48m
1h1h
12m
1h48m48m
アイテム
家具FF農作物家具農作物DSGSDSFF
開放レベルLv.25Lv.25Lv.26Lv.26Lv.27Lv.27Lv.28Lv.28Lv.28
製造時間1h11m
12s
1h
24m
36m2h1h
12m
3h
12m
3h
12m
19m
12s
アイテム
電気GSHCFFアパレDSFFGSGS
開放レベルLv.29Lv.30Lv.30Lv.31Lv.32Lv.33Lv.33Lv.33Lv.34
製造時間2h
24m
1h
36m
1h
36m
28m2h
48m
48m16m2h1h
12m
アイテムアイテム
アパレ電気電気FF電気電気FF
開放レベルLv.34Lv.35Lv.36Lv.37Lv.38Lv.42Lv.43 52種
製造時間2h2h
48m
1h
24m
48m2h1h
36m
24m
HC=ホームセンター GS=ガーデニング店 DS=ドーナッツ店 FF=ファーストフード

一応、開放レベルも書いておきましたが、低レベル(Lv.16以下)で開放されるアイテムについては(データがところどころ欠損し)自信がありませんし、今後再検証予定もありません。念のため、各自の画面で確認してみてください。

参考までに 製造(予約)スロットについて

商業施設の製造スロット(予約分も含む)については、いろいろなところで議論されていると思います。

現在製造分も含み、最大でも11スロットが現行のルールです。

どのレベルであっても、「資材工房」「ホームセンター」「農作物市場」の主要3ショップはマックスが義務、あとは関われる時間に応じて…そんな結論になるかと思います。

アパレルストアを例にとると、スーツを作る場合に製造スロットマックスに埋めるにはテキスタイル33コ、接着剤と巻き尺が11コずつ必要です。しかも丸一日ではスーツ11コ完成しません。

万が一、その埋めきった状態からアサインでいきなり「バックパック15個作れ」といわれたら即積み確定です。

スロット数は放置時間を増やすことができるが、リスクを取らなくてはならない局面もあり得ます。

当方運営のレベル99のアカウントでは、アパレルストアのスロット数は合計で6個のままです。スーツ2500着はとっくのとうに製造完了していますし、それで事足りてしまいました。

まぁ、市長パスが始まる前は極度のシムキャッシュ欠乏症で増やせなかったのです。しかし、スロット数増やさないままスーツの課題達成してしまった今となっては必要ないかな、と。

スロット数についてはシムキャッシュに余裕があるのであれば、「上げられるときに上げてしまう」が正解で、上げたとしても日常の作業においてスロット数をフルに埋めるかどうかは別問題、と考えます。

各自のプレイ環境次第でありますが、敢えてスロット数拡大しなくてもいい理由も存在します。

(アパレルストアと電気店はスロット数拡大は問題にならないかも)

要注意 商業施設 アップグレードが”半義務化”⁉

都市レベル43になって気づいたこと。

それは、商業施設のアップグレード必須アイテムが4つ存在すること、でした。

以下の画像をご覧いただきたい。

★1コ、つまり第一段階10%の時短のみ”半義務化”で、第二・第三段階にはそのような設定はありません。

コーヒー・バックパック・電子レンジ・ポップコーンはシムオリオン投入してアップグレードしないと自家製造ができないアイテムだったのです。

(☆3コの製造時間が設定されていないアイテムとも考えられる、論理的には)

リスト化すると以下のとおり。

アイテム製造可能商業施設
アップグレード可能
アップグレード
費用 
コーヒーLv.33Lv.30§29,000
バックパックLv.34Lv.31§30,000
電子レンジLv.42Lv.41§36,000
ポップコーンLv.43Lv.37§40,000

コーヒーとバックパックはアップグレード可能になってから”半義務化”までレベル差で3つ猶予があります。

しかし電子レンジはレベル41でアップグレード可能になり、レベル42で製造可能ということは1つの猶予しか与えられていません。コンテストなんかで慌ててレベル上げると命取りになりうるかもしれません。

対するポップコーンには条件が設定されていても、6つの猶予があります。ま、電子レンジを作れるようになってから、といったところでしょうか。

コーヒー・バックパックは最終形、つまりこれ以上加工できない状態であるのに対し、電子レンジの場合にはレベル43で開放するポップコーンの原材料(中間生産品)になります。

GTHQで買えれば問題はありませんが、上記リスト4つは望むように簡単に買えるものではありません。

そう、ポップコーンを自前で生産する為にも電気店のアップグレード費用§36,000シムオリオン+ファーストフード店のアップグレード費用§40,000シムオリオン、合計76,000シムオリオンは確保しておいた方がよさそう。

私の場合、まずは電子レンジの電気店から、ですね。

ちなみに・・・ひとりごとコーナー

要注意の4アイテムはアップグレードできていなくとも、対応レベルに到達すれば買うことはできますし所持することもできます。

アップグレードしていなければ商業施設のウィンドウ上で所持数が表示されない、それだけのことです。

例えば、電子レンジの場合上記画像では所持数がわかりませんが、既にGTHQ経由で5コゲットしており所持はしています。

もし、電子レンジを大量購入できることがあれば、先にファーストフード店のアップグレードするのもアリかもしれない。そうすれば、ポップコーンは作れる。

大量購入の機会があったら考えてみようかと。

ブツブツと失礼しました… 

まとめ

都市レベル43になり、自分の思い描く全てのデータが集まったことで記事としてイケるかも、と思い公開しました。

誰かの参考になる目的で書いているブログではありませんが、個人的には生産時間をまとめることにより、例えばハンバーガーのトータル製造時間の把握、即ち”生産管理”の計算に役立つかなと。シムシティビルドイットは時間をコントロールするゲームなので、生産管理での時間計算は必須項目かもしれないと考えています。

個人的な執筆作業の”やりやすさ”の為だけに構想を練り、そしてデータを積み上げてきた、といったところでしょうか。

何か役立つことがあれば参考にしてみてください。

それでは。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました