750万人への道しるべ~住宅編

住宅アイキャッチ首都人口750万達成への道のり

人口増を計画するには住宅の特性を把握する

まず考え方のベースを書いておこうと思います。

人口増やす為に必要条件として住宅の数が挙げられます。そこに特化というシムの満足度を高める施設を追加していくことにより人口が増えていく仕組み。住宅及び特化施設は道路に面していなければならない、というような十分条件が存在します。

住宅には複数種類存在し、人口持つことができる多い順に記すと

OMEGA →エピック→地域→東京→ロンドン→パリ→通常住宅

の順になります。

住宅各種の特徴をまとめる

オメガ住宅の特徴

オメガだけで作ればいいのではなどと考えてしまいがちではあるが、相当ハードルが高いので難しい。一棟フルアップグレードに対し、オメガアイテム製造に最高7000シムオリオンと30コ弱のオメガアイテムが必要で、長時間というかロングスパンで考えなければならない。最初から諦めてしまう人もいるようだ。自分は長期間楽しみたいので徐々に増やしていこうと思う。

  • メリット

人口がハンパない。消防警察健康のエリアは考えなくていい。

  • デメリット

時間がかかる。インフラが通常の5軒分必要。別途コントロールネットとドローンが必要でネオシムオリオンという制約がある。

エピックビルの特徴

ではエピックビルですが、これも難しい設定になっています。

通常住宅からアップグレードしていきますが、エピックビルの数が増えてくると、大規模プロジェクトで大量のシムオリオンが必要になります。

また7つの特化毎に何種類もの完成形があり、雑然とした見た目になりがち。しかし、トークンの素となるトークンパーツを1日1個ずつ生産してくれます。

(後半になりコンテスト毎回参加しているとトークンが溜まり、プカプカ浮いているのが日常化します。)

あと、エピックビル化を進めた場合、人口数は1,836人から2,411人と激増でき、インフラ需要値が「1」で変化しないこと、これが最大のメリットかもしれません。

地域固有住宅とパリ・ロンドン・東京

地域住宅だが人口を持つこと以外メリットがなく、東京は輸送アイテムが厳しいこと多く、ロンドンパリは人口が少ないのと建物の高さが低くキレイに纏めにくいなどの特徴があります。

よって住宅の考え方として人口アップ前提で考えるとオメガとエピックを中心に組み立てていく、という流れになります。

追記

住宅別人口数データ

フルアップグレード住宅での人口数比較

ノーマル住宅1836
エピックビル2411
パリ住宅2019
ロンドン住宅2111
東京住宅2204
地域固有住宅2437
OMEGA住宅2550

住宅関連記事リンク

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました