ビーチカテゴリ昨年のセールまとめ記事はコチラをクリック

ビーチ特化施設分析してみる~サニーアイルズも少しだけ

アシカセンターアイキャッチ特化施設

シーズンメガロも最終週を迎え、毎度運動会開催中の彼らはいつもどおり大騒ぎしているのだろうか。彼らはコンテストガチの心を折ることしか考えていないクズなので相手にしない方がいいのだが、メガロで勝つ喜びは格別なので、ついやってしまうんですよね。私も今まではそうだったのですが、現在では都市リーグ中心にコンテストやっているので気楽なものです。週末まとめて点数重ねれば、10万オリオンとか金鍵とかが集められます。街づくりに役立つものばかりで重宝しています。

今まで書いてはヤメを繰り返してきた「ビーチ特化」について、今回は書けそうなのでチャレンジしてみます。

昨年度のビーチルーレットガチャアイテム分析

都市外特化施設は2種類ありますが、「山地特化」に比べて「ビーチ」はコンテストもイベントも多く、アイテムが各アカウントごとマチマチで、調査が纏まりにくいことが原因で書けなかったのです。

だったら、昨年夏のガチャイベントでの賞品に絞って少しずつ書こうと。

というのも、コンテストが終盤で次期のテーマ考えた時に「ビーチ」をやるのではないかという読みがあり、ガチャも同時にあるかもしれないという私の希望的観測もあるからです。

新たなアイテム出すかもしれないが、同じアイテムが景品となる可能性も高く、ここで説明しておけばヤル気が出る人もいるかもしれないですからね。昨年7月以降に始められた方には関係ないエントリーになるかもしれませんが、私の日記的ブログなのでご容赦ください。

ガチャアイテムは、今思えば優秀なもの多かったような気がします。

当時は地域などなく、首都のみでした。首都のビーチ考えた時に「三角州」しか選択肢がなかったのですが、プラチナキー120コがネックとなり手が出せないシロモノでした。

当時大絶賛だったのが「アシカセンター」

ビーチアイテム アシカセンターの説明
アシカセンター

首都に設置するには最適な長さ40だったのです(実測値39.5)。

当時、どこかで数字出して、「コレが最強だ」と書いてあった記憶があります。確かに間違えてはいないが、長さによる住宅軒数の増加が理由であり、設置方法によるが「砂浜の三角州」の40%増加には敵わないハズです。

アシカセンターステータス
 増加率 30% 
 対応範囲 5×40 
 プロジェクトポイント 1
 自身の幅2

ビーチシアター

こちらも強烈でした。

ビーチアイテム ビーチシアターの説明
ビーチシアター

レアだったようで、このアカウントは1コしか取れませんでした。なので使い回しです。

自身の幅3なので基準点は1.5の地点で、両端に2ずつはみ出す計算です。

コレが複数個取れていたら、ギッチリ詰めずに道路一本分空けて設置でも三角州と同じ効果が得られそうです。残念ながら1コだけなので検証できません。三角州のスペック等はセルフで確認していただきたいが、自身の幅は4です。

ビーチシアターステータス
 増加率 40% 
 対応範囲 7×40 
 プロジェクトポイント 3
 自身の幅3

埠頭ショッピングエリア

ビーチアイテム 埠頭ショッピングエリアの説明
埠頭ショッピングエリア
埠頭ショッピングエリアステータス
 増加率 30% 
 対応範囲 7×30 
 プロジェクトポイント 2
 自身の幅3

こういったものもありました。

自身の幅3で範囲が広いので高級ボート波止場と同等、といったレベルです。

ウミホタル

ここからは自身の幅2のサイズが続きます。

ビーチアイテム ウミホタルの説明
ビーチアイテム ウミホタル2の説明

ウミホタルは1コしか取れなかったようです。

ウミホタルステータス
 増加率 35% 
 対応範囲 5×30 
 プロジェクトポイント 2
 自身の幅2

夜になると、「ほんのり」光ります。癒し系アイテムかも。

ワイト島、ザ・ニードル

ビーチアイテム ワイド島の説明
ワイト島、ザ・ニードル

夜になると先頭の灯台が光ります。

ワイト島、ザ・ニードルステータス
 増加率 35% 
 対応範囲 5×30 
 プロジェクトポイント 2
 自身の幅2

ワイト島はウミホタルと全く一緒のスペックですが、数多く取れていたようです。ノーマルとレアの違いでしょうか。

この2つは特にサニーアイルズで使うのが有効だと思います。あそこは折り返しがない(ビーチが片方しかない)ので、100%にはならないからです。出来るだけパーセンテージを上げる必要がありますからね。

巨大な砂の城

ビーチアイテム 砂の城説明
巨大な砂の城
巨大な砂の城ステータス
 増加率 30% 
 対応範囲 5×30 
 プロジェクトポイント 1
 自身の幅2

そしてガチャで1番多く取れたのが、巨大な砂の城になります。

残念だけど仕方ないといって貯めておいた方がほとんどかと思われます。

ただ、グリーンバレーやサニーアイルズの登場により表舞台に出てきましたね。パーセンテージから見るにグリーンバレーの方が良さそうですが、サニーアイルズでも戦力にはなりそうです。

砂の城設置方法を探る

砂の城は沢山あるので、道路一本分空けて設置する効果はあるのかも試してみた。

ビーチアイテム 砂の城 実験用1

とりあえず、ぴっちり並べてみた。

ビーチアイテム 砂の城 実験用2

(住宅6軒と砂の城6コ、目安に道路を入れてあります)

左端に設置したものの効果範囲を確認。

住宅と平行に「砂の城」並べた場合を想定しています。

両サイドに「1.5」ずつはみ出る計算ですので、2軒隣の住宅をカバーできません。

暫定ですが、ビーチのブースト値「198,127」を確認しておきます。

ビーチアイテム 砂の城 実験用3

ビーチのここしか動かしていないので、結果が全てですね。

レイヤー効果は得られず、自身の幅2で効果範囲が5のアイテムは道路一本分空ける設置方法は損します。自身の幅3で効果範囲が7の場合には効果ありそうですが…

特化設置数減らして同等の効果得られるかどうかの実験は、今回は失敗です。

基本的に長さ30のモノは地域で使い、長さ40のモノは首都で使った方が効果的だということは間違いありません。

あと、取れたアイテムはビーチバレーコートとメリーゴーランドとバイクモトクロスセンターだったかな?大量に眠っています。ここでは飛ばします。

サニーアイルズに設置を想像してみる

サニーアイルズ出てきたので、多少そちらも触れてみようかと思います。

こうやって書こうとして、自分のところではどれも開放していない事に気付きました。そもそもやった事ないから無謀もいいところだが、誰かの街づくりを参考にビーチから空想してみようと思います。

丁度いい題材が見つかったので、お借りしました。

サンプル サニーアイルズ その1

レベル70代の方でエリアは全て開放済みでした。4つの島とそれぞれにあるビーチまで。こちらは最初の島になります。

サンプル サニーアイルズ その2

こんな感じですが、サニーアイルズは最初の島だけで60万いかないと250万人は厳しそうですね、というのがファーストインプレッションです。1・2・4番目の島で60万で3番目の島で80万以上以上という見立でいたからです。

この方は、最初の島で砂の城連打ですね。いくつ置いてあるのでしょうか。10コから12コの間でしょうか。私よりはるかに多いことだけはわかります。

私だったらどのように道路引くかも考えてみました。

サンプル サニーアイルズ 道路の構想

こんな感じでどうでしょうか?青い線入れてみました。

試してないのでわからないですが、ビーチ特化が有効に使える引き方です。

最初の島は長さ30のビーチ特化施設なら隅々まで届くことだけは確認できています。わからないのはインターのランプから橋の入り口までの長さですね。3番目の島はエリア開放して開発進めている人見たことないですし。

自分で開放して挑戦してみたいんですけどね。金欠なので難しいかな?

最後にグリーンバレーとサニーアイルズ同時に開放すると、ビーチ拡張アイテムキツいかも知れないですね。首都のビーチ拡張終了していると、吹き出しとか広告のオマケから出てこない仕組みのようなので貿易センター頼みになります。山地も同様です。

コンテストとコンテストの間の方が集めやすいような気がしますが…

特化施設
シム吉をフォローする
シム吉800万チャレンジ!!

コメント 今回の投稿内容について

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました