ハロウィンセールアイテムの補足説明~公園カテゴリ編

ハロウィンセール アイキャッチ特化施設

ハロウィンセールも残すところあと少しという状況で、何とか書き上げた今回のエントリー。

なんてスピード感のない⤵︎ノロマだよ、君は。

そんな自虐的にならずとも、こちらの記事の補足として役割の記事ですので、仕方のないこと。

今回のセールで間に合わなくても、配信が続いていれば来年も同じアイテム出てくる可能性があり、翌年以降のデータとしては価値がある(と自分では思っている)。

それでも、セールで買ったけど使い方がわからないなど、そんなニーズがありましたら今回の記事を参考にしていただければ幸いです。

2×2サイズ

サイズ別に分類して説明していきますが、結構難しい設定になっている為、説明の都合上「荒れ果てた鐘楼」を物差しにして説明していきます。

尚、今回取り上げるアイテムは全て「隠れボーナスエリア」付きになっていますが、カバーできる住宅数には加えていません。特化施設の表示上カバーできる住宅数、とご理解ください。

荒れ果てた鐘楼

基本ベースの説明です。

荒れ果てた鐘楼ベース説明

特化ブースト効果の基準点は角の部分にあり、向きは右方向(時計周り)で、道路設置条件面の方向に向かっています。

効果範囲の数字の違い

効果範囲の8とは・・・

道路設置条件面の幅(平行関係)を表す

効果範囲の9とは・・・

道路設置条件面に垂直方向の長さ(この場合には下向き)を意味します

説明に言葉が難しく、画像を見て「シム吉これを言いたいんだな」と理解していただければ幸いです。

尚、カバーできる住宅数は最大18軒です。

ジャック・オ・ランタン

ジャック・オー・ランタン

荒れ果てた鐘楼に対し、

シムキャッシュ支払いで、左周りバージョンです。

結構な高額設定ですこと…。

ホーンテッドマンション

ホーンテッドマンション

荒れ果てた鐘楼に対して、

対応範囲のベクトルを逆にしてみたバージョンと理解してください。

金鍵は同価格ですが、普通の道路設置方法ですと、対応エリアが狭くなります。住宅カバー可能な軒数は14軒(隠れボーナスエリア無しで)になり、荒れ果てた鐘楼の18軒に劣ります。長さ(垂直方向)が8になってしまったことが原因ですね。

コスパが悪くなっていますので、要注意です。

私はこれを5コも衝動買いしたこと、後悔しています。

恐怖の館

恐怖の館

荒れ果てた鐘楼に対し、

ブースト5%ダウンして、金鍵5コ安くなったバージョンです。

同じ金鍵5コで25%ならパンプキンマンの像でいいのでは?と思いますが、2×2サイズの公園をどうしても設置したいなら、荒れ果てた鐘楼より効率的かもしれません。

スペックで説明すると中途半端な位置付けになっていますが、金鍵少なくていいのは魅力的かも。

ホラーゴーランド

ホラーゴーランド

荒れ果てた鐘楼に対して、

10%ダウンの左周り方向で、シムオリオンバージョンです。

金鍵ないよ⤵︎という方がハロウィンのイメージ作りたいのなら、これが良いのかもしれません。

見た目も、遊園地のアトラクション感あって、人口に拘らなくても通年設置できそう。

1×2サイズ

人口増加に欠かせない公園カテゴリの1×2サイズアイテムを説明します。

パンプキンマンの像(実はコレ一択でした)

ハロウィンセールパンプキンマンの像

荒れ果てた鐘楼が時計周りなら、パンプキンマンは反時計周りです。

住宅カバー可能数は

通常15軒+隠れボーナスエリア9軒で、合計24軒分可能です。

荒れ果てた鐘楼と隠れボーナスエリアの住宅数は全く同じで、通常分で3軒劣るだけ。コストパフォーマンスではハロウィン公園カテゴリアイテム最強とも言えます。

公園カテゴリでは「穏やかな公園」「桜公園」、そしてパンプキンマンの像、この3つで最大人口数をもたらす配置を自分で見つけていきます。

モンスターツリー

モンスターツリー

パンプキンマンとの比較でいえば、

5%ダウンのシムオリオン版です。

これでこの価格はチョット…?

これ買うのであれば、ホラーゴーランド2コの方がいいんじゃない?みたいな。

1×2サイズにこだわるならパンプキンマンで事足りるし。

不気味な公園

コイツはややこしいので、少しだけ丁寧さアップして説明します。

不気味な公園説明用

不気味な公園は他のハロウィンセールアイテムと基準点が異なります。

細かく刻んでいて、その割には効果が薄いです。お察しのとおり、基準点から下方向でカバーできる住宅数が8軒だけしかありません。

パンプキンマンは15軒(隠れボーナスエリア無しで)カバーできること考えれば、比較するまでもありませんね。

不気味な公園説明2

不気味な公園の名前にふさわしく、隠れボーナスエリアも完備していますが、基準点の上2軒だけということで、人口増加という観点からすると苦しいアイテムです。

このアイテムは価格とスペックだけ見れば、買うべきかどうか迷わないでしょう。

今回のまとめ

基本的に公園カテゴリとは、人口集めの主力カテゴリではないので、最後の加算用くらいに考えておけばよいジャンルです。

1×2サイズ、2×2サイズで使いやすいサイズをセールに合わせて購入しておけば、いざという時に役立ちます。

そういった意味で今回のセールで「パンプキンマンの像」、「荒れ果てた鐘楼」「恐怖の館」あたりを買えるならストックして街づくりに役立てたいところです。

問題は、2019年のハロウィンには間に合うのかどうかですね。間に合わなかったら来年のセールの参考に…。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました