山地特化エリアアイテム分析3連発〜何故か市長パスアイテムもここで⁉︎

ディ・ソグニの滝説明用特化施設

今まで何度かチャレンジしてみたんだけど、その都度挫折する山地特化のアイテム分析。

都市外特化は(ビーチもそうですが)長さがマチマチで、1つずつ分析していると何故か矛盾点にブチあたり書けなくなってしまうんですよね。

プログラムミスなのか不明ですが、運営サイドは過去の特化施設など手直しはしないスタンスですし、まとめることより個々に少しずつ分析していった方がいいかなと思って小出ししてみることにしました。

尚、分析に際し0.5という単位での表記多発しますが、当方配信のものを視覚で判断したものであり、当サイトは公式ではないことをご理解の上でご覧になってください。

道路1本分を1×1というマスという考え方でいくと存在しない位置に基準点があります。私の計算では0.5単位で説明つく話だとは思いますが、一応念のため。

輝く金の鉱山

フロスティフィヨルドにうってつけのアイテムだと紹介したことのある「輝く金の鉱山」ですが、実際フロスティフィヨルドに設置してみると何か怪しい。

もちろん、スペック上で判断すれば誰もが気付くことで、人口増やしたいならこれ以外はあり得ない。

そこで怪しさの正体を探るべく、首都に仮置きして試してみました。

輝く金の鉱山説明用

怪しさの正体は、長さが異様に長いことでした。公表スペックの倍あります。

でも首都設置には22だと短過ぎるし、フロスティフィヨルドでは対岸まで届かないし…。

公表スペックよりおトクなのに使い方は変えようがない、そんな哀しい設定のアイテムです。結局フロスティーフィヨルドにしか居場所がありません⤵

通常価格ブースト公表効果範囲実測効果範囲
輝く金の鉱山金鍵2050%7×117×22

ストーンフェイスの滝

山地特化アイテムにはプラチナキー大量のキラーアイテムが2種類あります。

90プラキーの

ストーンフェイスの滝

片や120プラキーの

滝の城

山地特化カテゴリの両雄を分析してみます。

ストーンフェイスの滝

普段はストーンフェイスを17コ敷き詰めてある3号機ですが、少しだけ違和感があったので実験用で滝の城との長さの比較をすることに。

まずは、「滝の城」から

(首都の幅50に対し、両サイドからカウントしてあります。)

滝の城説明用

なるほど、実測値で39.5でしたか。

(画面メモの10.5とはビーチからの長さを表していて、50-10.5=39.5 こんな計算です)

大体の山地特化アイテムは0.5ずつ引かれているので、想定の範囲内と言えます。

例えば金鍵アイテムの「山のブドウ園」は長さ30表記のところ、実測値29.5となっています。都市内との境目を走る蒸気機関車(?)のレールが0.5の要因であると思っていました。

次は「ストーンフェイスの滝」を見ましょうか。

ストーンフェイス長さ説明用

ここで決定的な差が出ています。

住宅2軒に特化範囲がかかっています。

これは視覚的に分析すると0.5プラスになっている分が特化範囲としてかかっていることを意味し、長さ40の表記に対し40.5の長さが隠れボーナス的にあり、それを利用してブーストさせることができるのです。

これは私の道路の引き方によるもので、配置方法によってはストーンフェイスの滝の方が人口数を多く持てる根拠になります。

ですので、プラチナキー大量にお持ちの場合の山地特化はストーンフェイスの滝を購入した方がよく、この事実を知っていれば迷うこともないかと思われます。

(視覚ではなく、人口増加の観点で)

滝の城が優勢になるのは、大規模プロジェクトのポイント数が4である、その一点のみになります。

前年は山地特化カテゴリーはブラックフライデーセールの対象外でした。今年もそのような状況になること考えられセールでの購入は期待できません。プラチナキーの使い道としてご検討いただければと思います。

通常価格ブースト公表効果範囲実測効果範囲プロジェクトポイント
ストーンフェイスの滝プラキー9050%8×408×40.53
滝の城プラキー12060%8×408×39.54

なお、今回の分析は首都人口1千万を目指すプレイヤーならばぜひとも知っておきたい豆知識になります。700万程度の作り方では影響少ないかもしれません。

ディ・ソグニの滝(市長パス)

山地という都市外に設置の市長パスカテゴリの隠し玉的存在。ヴェネツィアシーズンの成功はこれらの出来にかかっています。
尚、当方はプレミアムパス未購入で今後も買う意思ありませんので、ノーマルパスのアイテム説明にとどめます。
ディ・ソグニの滝説明用
自身の幅は3でした。
山地特化カテゴリーは4又は6のパターンが多く、3ですと隙間ができてしまう可能性もあります。

ディ・ソグニの滝 効果範囲説明用

公表スペック長さ26に対し、実測長さ28もあります。なんとなくお得で「使える!」ような気がします

が、

山のブドウ園など金鍵アイテムは普通に長さ29.5あるし、首都設置の場合大きなメリットかというと怪しいところです。

山地特化のブーストが減ることも加味して考えれば、市長パスカテゴリのアイテムが少ないうちは役に立つ可能性もありますが、今後市長パスカテゴリーアイテムが増えてくると邪魔になるのではないかと推測されます。

当方メイン機では結局のところフロスティーフィヨルドに設置することで落ち着きました。チョットだけ対岸エリアまで届くので、チョットだけオトクなような気がしまして…。

フロスティフィヨルド開放済みだと設置場所には困りませんが、ココ以外の地域では設置できませんし…。

プレミアムパスの最後のヤツはどこ置くんだろ?しかも80%もあるみたいだし。長さ43.5以上あれば価値はありそうだけど、公表スペックでは長さ40だし…。

プレミアムパス買って最終ティアまでクリアできた方は試してみてください。

ブースト公表効果範囲実測効果範囲
ディ・ソグニの滝60%8×268×28

寸評:判断が難しい

最後に

街づくり、特に人口重視市長派には役立つように書いてみたつもりですが、いかがでしょうか?

特に「長さ」を重点に説明したつもりですが、特化施設には「幅」という要素も忘れてはいけないこと承知しています。

都市外特化の幅は自身のサイズと効果範囲との重ね合わせ(レイヤー効果)であり、長さは都市内で幅は都市外へ、こんな考え方で良いのかもしれません。その方がスッキリする。

この件は別稿でまとめてみます。

特化施設
シム吉をフォローする
シム吉800万チャレンジ!!

コメント 今回の投稿内容について

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました