見逃すべからず‼【アースデイ】教育カテゴリのセールを考察してみた

特化施設

アースデイにちなみ、各種セールが届いていました。

2つのアイテムについて考察してみます。

アースデイセール【エコロジー大学】

24時間限定のセールはコチラ

ちょうど1年間のセールと同じ内容です。

長年プレイしていると、今年もその時期が来たか、と月日の経過を感じてしまうだけですが、始めて1年以内のプレイヤーさんだと新鮮味があるのかも。

スペック確認

昨年度もどこかに書いた記憶がありますが、どこに書いたのか思い出せないこともあり、ここで改めておさらいしておきます。

エコロジー大学スペック
サイズ3×3
効果範囲20×20
ブースト50%
プロジェクトポイント4

サイズの3×3は大学の競技場と同サイズ。プロジェクトポイントが【4】ということで、教育カテゴリの大規模プロジェクトでは活躍してくれるでしょう。

土地拡張アイテムも5コずつ付いて730円…。昨年同時期はシムキャッシュ販売ながら、拡張アイテムの定期セールがありました。2021年は拡張アイテムのセールが消滅しており、価値がないとはいえませんが5コずつだと拡張できるのかどうか…。

せめて、土地拡張アイテム10コずつ付いたバンドルパックだと価値があると思いますけどね…、毎年同じものを配信していても昨年とは状況が異なっていますから。

各自の判断次第ですね。

r/SCBuildItのトピックより 販売価格について

(reddit自体のembed(埋め込み)方法が変更になったようで、画像が表示されなくなっています。)

「買う価値ある?」という期間限定セール時では定番のトピですが、私が注目したのはそこではありません。

(添付画像が表示されないのでコチラをどうぞ)

https://preview.redd.it/k5kr103ywou61.jpg?width=1306&format=pjpg&auto=webp&s=771c57669d902d270211a8cf977dff02ea81df9c

その価格が8ドル49セントということ。

日本円ーUSドルの本日(2021.04.22)為替レートは1ドル=108.18円。ということは、730円は単純に7ドル弱という計算になる。

いままでシムシティビルドイットの現金での販売価格の設定は”1ドル=120円に+10円”というのが定番だった。金豚貯金箱(3ドル)・プレミアムパス(6ドル)など、円高に振れようがほとんど同じレートでした。

ここで、いわゆる”ギャップレート”が発生していたわけですね。ドル決済より日本円決済の方が安くなっており、私にとっては初めての体験かもしれません。

可能性の一つとして考えられることは、USドル決済ではなく、異なる国のドル決済であること。この投稿者はアメリカにお住まいではない可能性が大…?

為替レートの問題はさておき、【エコロジー大学】は欲しい方であれば価値はあるということで。無理して買うほどのことでもないとは思います。

教育カテゴリセールがもう一つ【芸術家のアトリエ】

サービスタブ内教育のところにセールのマークが入っていました。

現金販売のエコロジー大学だけではなく、シムキャッシュ販売の【芸術家のアトリエ】も同時セールです。これも前年と同じ流れだったと思います。

早速のスペック確認

芸術家のアトリエスペック
サイズ2×2
効果範囲14×14
ブースト40%
プロジェクトポイント2
販売価格250
シムキャッシュ

エコロジー大学と比較すると貧弱に感じられます。

しかし、当方は地域人口増加用の教育カテゴリアイテムはこれで丁度いいのかなと。

コンテストシーズン13も3台とも無事完走できたし、その分の1400シムキャッシュはこれに投資しようかと。5コしか買えんけど…。

r/SCBuildItのコメントより

芸術家のアトリエにもコメントがありました。

エコロジー大学は「贅沢な」購入でした-それは素晴らしいですが高価です。素晴らしい4つのエピックポイントを与え、3×3のフットプリントです(通常の大学よりも両方で優れています)。

私が思うに、芸術家のアトリエはとても良いです-私は昨年2~3コ購入しました、そして今年は更に購入するでしょう。

最上のスタッツ(14×14、40%、2 EP)ではありませんが、2×2のフットプリントは、他の多くの教育施設と比較して真のメリットです。

さらに、印象的ではないので大学やオメガ大学などのように派手な目立ち方をせず、景観に馴染みます。

https://www.reddit.com/r/SCBuildIt/comments/mw0o8k/worth_it_or_not_also_if_anyone_did_buy_any_of/

この方のコメントに全く同意します。

人口増加の観点より~芸術家のアトリエ

セールスポイントは2×2サイズ、それだけだと思います。定番販売アイテムの教育カテゴリで2×2サイズは金鍵2コの【保育園】しか選択できないのであれば、期間限定のシムキャッシュ販売とはいえ価値があるのかなと。

人口増加用で考えるのであれば、人気スポットや大学・オメガ大学のスペックには適いません。

大学(4×4)・オメガ大学(4×3)・大学の競技場(3×3)・大学のボート競技センター(6×2)などと比べると効果範囲は大幅に減少するものの、2×2サイズであり設置時に悩むことがなくなるのかなと。首都は税収にリンクするのでガッチリ増やしたいところですが、地域の人口数増やす意味はないので、芸術家のアトリエでも十分だと思います。

最大人口数に拘るのであれば人気スポットを使うべきで、その性能と地域通貨の比較だけしてみましょう。

まず、2×2サイズで統一するとフロスティーフィヨルドの【オーロラ研究所】が比較対象となります。

芸術家の
アトリエ
オーロラ
研究所
オーロラ
研究所
ーーーレベル36
14×14効果範囲14×1418×18
40%ブースト25%40%
2プロジェクト
ポイント
23
250
シムキャッシュ
累計価格
7200
地域通貨
30,600
地域通貨

効果範囲で比較するとレベル3、ブースト値で比較するとレベル6が【芸術家のアトリエ】に匹敵します。

あとは地域通貨の比較ですね。

地域通貨、ここではフィン・シムオリオンの7200と30,600250シムキャッシュの比較になります。

レートは1シムキャッシュあたり2~3地域通貨ですから、250シムキャッシュは500~750地域通貨に匹敵します。

レベル3であろうがレベル6であろうが、断然、芸術家のアトリエの方が安いですね。そもそも人気スポットというのは高価すぎるのですよ。金鍵・プラチナキーでの購入アイテムの方が断然効率よいのは誰でも知っている事実です。

最高を求めるのであれば芸術家のアトリエに出番はなかったでしょう。実際のところ、昨年度は人気スポットの育成に励んでいた当方では見向きもしませんでした。今年は地域通貨獲得に疲弊してきており、以前のようには考えられません。

使いどころとしては、フロスティーフィヨルドやライムストーンのH型の両サイドでは【芸術家のアトリエ】に出番が巡ってくるのではないかなと。しかし、やや貧弱な性能には変わりがなく、仮に5コ買って設置してもトータルで15万もブーストできないことでしょう。

たまたまコンテスト完走後でシムキャッシュにゆとりがある状態だったので購入しました。

あればあっただけ便利なアイテム、それが芸術家のアトリエなのかもしれませんね。

ちなみに、セール期間はいつまでなのだろう?セール期間が長期に及んでも購入原資のシムキャッシュが増える見込みはないのでこれ以上は買えませんけど…。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました