2019.12月首都開発近況報告~2つのケースを考えてみる

シム吉850万750万で満足しないプレイヤーに

メイン機の人口数どこまで伸ばせるのか?

そんなテーマでスタートした当ブログも一つの区切りに到達できそうな目途がつきました。

そこで現在の首都開発の現状報告し、整理できるところは極力まとめておくことで、後顧の憂いなくラストスパートかけて目標達成を図りたいと思っています。

尚、今回のエントリは消防・警察・健康などのインフラサービスに主眼を置いた説明にしてあります。

何故かというと、シムシティビルドイットにおいては道路とインフラサービスの考え方がしっかりできていないと人口数に差が出てきてしまうからです。基本中の基本でありますが、当方も考え方の再確認をしておくことが重要であると認識しているからでもあります。

何かの参考になれば幸いです。

レベル90のメインアカは900万を目指して

コンテストで全く入賞にも届かず、毎週粗品狙いが20週続く苦しい状況。

それでも、ティア完走時にゲットできるシムキャッシュを2回分貯めれば3個目のMaxis邸(4000キャッシュ)手に入れられると思い、ただひたすら頑張ってきた。

今まで2棟しかないMaxis邸で首都800万を目指してきたことは、ある意味賞賛に値するのではないか、そのように思えてきた。

そして手に入れた3棟目のMaxis邸は格別な想いです。

単純にゲットしただけでは意味ないので、配置を計画しておかねばなりません。

ここでMaxis邸を使った場合、そうでない場合の消防など(数字を持たない)インフラサービスの効果範囲をまとめてみます。

Maxis邸⇒22×22

表示そのまま

デラックス消防署・管区警察局・病院⇒20×22

…お互いの大きさが干渉しあう

ほぼ同一サイズで収まるはずだが、後者は住宅5軒分損するのでなるべくMaxis邸を使ったほうがいいという計算です。

この点を地域で考えてみた場合には、地域特産店という建物を考えなくてはならないので、

地域特産店プラスデラックス消防署・管区警察局・病院⇒19×21

凡そ、このような感じに落ち着くのではないかと思われます。ここらへんの話は参考程度で。

2020-01-24 追記

リンク貼っておきました。参考程度にどうぞ。

話を戻して、簡単に現在の配置イメージを描いてみました。

首都インフラサービス配置図

首都の消防・警察・健康の(数字のない)インフラからカバーするエリアの現状イメージになります。

Maxis邸2個で、残りはオメガ住宅で作っていくスタイルですが、そこに落とし穴があり、(数字のある)インフラ設備の数値が足りず、オメガ住宅は諦めざるを得ない状態に陥りました。

各100ずつ上げるのは簡単なことですが、その分のスペースが勿体無い。

何かしらの住宅を設置した方が人口数増えると思い、インフラ数値は1400でやりきる決意を固めました。

こちらを参照してください。

首都イメージ2

現状、

デラックス消防署・管区警察局・病院の大型施設3つ、及びControl Net標準2棟を解体して得られるスペースが「22棟」になります。

後に不要にはなりますが、解体は再配置が終わってから。

そうでないと悲惨なことになります。

再配置のイメージはこんな感じに

首都インフラサービス再配置予定図

Maxis邸3コの場合にはこのようなイメージです。

上記を踏まえ整えていくと、このようにスッキリとできる。

見事にオメガ住宅ゾーンとそれ以外の住宅の半々ずつ開発が可能になりそうです。

消防などの大型各1つずつ、Control Net の余剰分を処分して次の開発費用にして、開発スペースの確認が容易となるハズです。

ただ、問題になるのが住宅数になります。そこでカウントしてみました。

カウントの手法は

  • オメガ住宅はドローンの需要値
  • それ以外の住宅は住宅アイコンから表示される総住宅数からオメガ住宅数を引いたもの

となります。

住宅数確認用

住宅合計数411棟に対し、

オメガ住宅208
オメガ住宅以外203

このような内訳になっていて、

インフラ数値は無視しても住宅数がほぼ半々ずつになっています。

これなら問題無さそうなので、ある程度のまとまった時間取れる時に作業するだけです。

Maxis邸の再配置込みですので、時間がない時に行ってしまうと廃墟化してしまう恐れがあり、以後立ち行かなくなってしまうことを防ぐためです。過去に失敗したことあるので、よーくわかっています。

限界を感じつつも…

オメガ住宅やっぱり多過ぎたかな? というのが正直な感想です。

オメガインフラ、ドローン、Control Net 、ついでにオメガ研究所とスペースを浪費し過ぎました。端っこのエリアが4分の3使わざるを得ず、本来住宅設置すれば900万と云わず、更にその上まで到達できそうな見通しがついていただけに少し残念です。

その他、プラチナキーの不足で満足のいく特化施設を購入できなかったことも残念な点として挙げられます。

とはいえ、まだ900万には届いていませんので、もう少し街づくり頑張って結果を出したいですね。

グチる前に数字で示せ!ということです。

次はもっと人口数持てるであろう当方の3号アカウントの話になります。

こっそり1000万へ着々と(同時進行の別アカウント編)

当方ではメインアカウント以外にも人口へのチャレンジを続けているアカウントがあり、そちらの方が最終的に人口数を持てるハズ、そう思って計画を粛々と進めています。

とりあえずのショットはこちら。

3号機首都イメージ

現在の首都人口数はこんなものですが、計画的に購入していったMaxis邸の数が凄いんです。

なんと・・・5棟もあります。

単純にMaxis邸の所持数ならもっとお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、

現状で、ゲームを普通に進めながら首都最大人口数を達成するためには最適な数、それが5棟である、

そのように考えています。ついでに言えば、無課金では上等です⇨自画自賛

Maxis邸の配置図を表にするとこんな感じ。

Maxis邸5コ持ち配置図

こうすることで、首都設置のオメガ住宅の数を制限することができて、電力などのインフラ設備に掛かるスペースを節約できます。

オメガ住宅20棟とノーマル住宅100棟で同じだけのインフラ設備が必要になりますので、オメガインフラを建設したとしても住宅或いは特化施設を建てられるスペースが確保できる為に人口数は多くなります。

究極はMaxis邸6コで首都カバーしエピックビルだけにして、オメガ住宅は地域で建てる、こんな形ができれば更に人口持てるかもしれません。

当方としてはキャッシュを稼いで更にMaxis邸もう一つ買う(8000 cash)などという行為はできないので、現状のままで進めていきます。オメガ住宅建設してしまったことが勿体ない、という点も挙げられますでしょうか。

ネオ銀行上限は?

オメガ住宅はを運営するにはどうしても計画しておかなければならないネオ銀行上限問題ですが、前回の記事において上限10万有れば足りるかもしれない、そう書いておきました。

過去記事のリンク貼っておきます。

こちらの計画立てて、上限を10万にすべく頑張っていた(当時上限7万)のですが、タイミング良くオメガアイテム半額セールの直前にメガロ2週連続勝利を挙げていて、キャッシュ余っていた分を投入しちゃいました。

上限70,000⇒上限85,000  オメガアイテム13コ×3

上限85,000⇒上限100,000 オメガアイテム14コ×3

オメガアイテム数は合計81コで、通常ですと8100キャッシュ必要なところ、半額の4050キャッシュで済ませることができました。と同時に大幅な時短にも成功です。キャッシュ的にも丁度2週間の賞金分。

これで当初の計画どおりネオ銀行上限10万に到達でき、Maxis邸の増加によりオメガ住宅の建設数予定数減、それに伴うControl Net及びドローン数の減少、インフラ設備の設置数減少をもたらしてくれました。

恐らくは首都人口1000万到達させるにはネオ銀行上限10万で盤石の状態になったというべきでしょう。

インフラ数値だけで考えれば800で足りるものと考えています。

ドローンは中型オンリー、Control Netは大中小各1つずつで足りそうです。

しかし、なんという楽観的な計画でしょうか…?

手持ちの通貨関係は?

首都1000万だけなら、それほどの通貨関係(鍵を含む)要らないでしょう。

特化施設の数は、ほぼ整っていると考えています。

特化施設は?

ほぼ計画どおり配置はできていますが、人気スポットの干渉には要注意です。

干渉とは何を指すのかというと、

1つのカテゴリなら問題ないが、2カテゴリ以上設置しようとすると、お互いのポジションを奪い合うことになり、結局効率的に100%取りにくくなる

というものです。

具体的に言えば、当方「教育カテゴリ」を中心に組み立ててありますが、そこに「娯楽カテゴリ」とか入れようとすると、お互いのベスポジが全く被ってしまい、ズラして設置せざるを得ず、効率が落ちてしまいます。

お互いで食い合っている状況ですね。

できれば、人気スポットは1つのカテゴリに絞った方が効率よく作れるはずです。

最終的には公園の「究極の市長像」「パンプキンマンの銅像」か地形の「大学のアートブリッジ」突っ込んで完了する、そんな特化施設の計画です。

裏シム吉1000万計画の進捗状況

とにもかくにも、

住宅建設ラーッシュ!しかもエピックビルばっかで!

ただそれだけです。

地域開発?致しません!

市長コンテストアサイン?100%無視!

それでも、次シーズンの市長パスの特化アイテムだけはチェックしてから…

ヴェネツィア、使えるのなかったですからね。なんかありました?

都市外特化なんて、ヒドいシロモノでしたからね…。

使えそうなもの有れば、そこまで市長パスのティア進めればいいし、使えそうなものなければエピックビル建設だけを進めていくだけ。

ここで2019-12-06現在の状況も貼っておきます。

3号機1206
3号機12062

特化施設では、最後の調整用に使うであろう「究極の市長像」などは温存しています。

この時点での住宅数はトータルで217棟になります。

最終450棟弱まで必要になると見込んでいますので、まだ倍以上の住宅建設が必要です。

900万と1000万計画の違い

ここまで話してきて、メイン機900万計画の最大の失敗は

オメガ住宅が多い、多すぎる、作り過ぎた

このことを、しつこく書いてきたので当方の訴えとしてご理解いただけたものと存じています。

そこにあるのは

  • 都市外特化の(山地とビーチ両方が届く)最大効果範囲まで開発できなかった。
  • 都市外特化を筆頭に特化施設のアイテムが揃えられなかった

これらが決定的な差となって100万の人口差に繋がってくるわけです。

とはいえ、まだ計画の段階で実際到達した数字ではありませんので、なるべく早めに達成して当ブログで紹介できたらと思っています。

本日はここまで。

コメント 今回の投稿内容について

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました