背景透過PNG画像の作り方~Windows標準アプリペイント3Dを使って

ブログをつくる

シムシティビルドイットのファンサイトキット

webでファンサイトを作る際に、シムシティのゲーム内で使われるアイコンを使った方がわかりやすく、伝えやすいものです。

シムシティビルドイットの公式サイトにもファンサイトキットがダウンロードできるようになっており、利用規約に違反しない範囲内で使用が許可されています。

ファンキット - SimCity BuildIt - EA公式サイト
新たなモバイルゲームからの画像を使ってオリジナルコンテンツを作成できるように、無料の「SimCity BuildIt」ファンキットを手に入れましょう。

当サイトでも使わせていただいておりますが、これ、如何せん古いのです。ダウンロードして日付を見ていただくとわかりますが、2016年当時のアイコンしかなく、それ以後実装されたクラブ大戦や地域関係のものは追加更新されていません。

公式フォーラムなどでもファンキットの更新を!の声が何度も上がっていましたが、一向に追加更新される気配はありません。時代はSNS時代で、ウェブ側には必要ないといえばそれまでですが、当サイトも大戦関係のアイコンは使用したい願望があり、だったら自分で使いやすいように作ってしまえ、と。

手間はかかりますが、一度作ってしまえばあとは簡単。ウェブで使いやすいように、背景透過PNG画像の作り方です。

法的な解釈

ネット上で自由にダウンロードして使えるようになっているとはいえ、シムシティビルドイットのファンキットには小難しいことが書いてあります。そして、広告付きウェブサイト運営するにあたり、どうしてもクリアしておくべき法律的な厄介な話。

要約すると、ファンキットを使って何かを販売すること(登録商標の侵害)はダメで、当サイトのような広告付きサイトやYouTubeでの動画系広告で収入を得る場合にはファンキットの使用が認められているということ。つまり、非商用であることが大前提になるわけです。

そして、今回はゲーム内アイコンをスクショから抜き出して、自ら運営するサイトで使ってしまおうとする企画。当然のことながらゲーム内スクショは合法ですので、問題はないものと考えられます。

一応、念のため。

ファンキットの利用規約5番目に、以下の文章を明記してくださいとあります。

このサイトはElectronic Artsのファンサイトキット規約のもとに「SIM CITY BUILDIT」からの素材を使って作成されました。商標はそれぞれの所有者の所有物です。ゲーム素材はElectronic Arts Inc.とそのライセンサーを著作権で保護します。Electronic Arts Inc.とそのライセンサーは、このサイトの運営またはコンテンツを推薦しておらず、その責任を負いません

https://www.ea.com/ja-jp/games/simcity/simcity-buildit/fan-kit

念のため、当サイトのプライバシーポリシーにも追記しておきました。

たぶん、これでEAとの法律の問題はクリアできると信じています。

No tags for this post.
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました